メインメニューを開く

松前 忠広(まつまえ ただひろ)は、江戸時代初期の旗本松前藩祖・松前慶広の次男。

 
松前忠広
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天正8年(1580年)(または天正7年(1579年))
死没 元和3年7月29日1617年8月30日
別名 武蔵丸、甚五郎、甚平次
官位 従五位下隼人正
幕府 江戸幕府書院番
主君 徳川秀忠
氏族 松前氏
父母 父:松前慶広、母:村上季儀
兄弟 盛広喜庭直信室(のち津軽信建正室)、
忠広利広由広次広景広安広満広下国広季
須摩井次郎右衛門
直広永井直元
テンプレートを表示

藩祖・慶広の嫡男だった盛広の同母弟。幼少期から詩歌や武勇に優れた聡明な人物だったという。慶長4年(1599年)には父と上洛して徳川家康に拝謁する。慶長9年(1604年)には父から江戸で分家することを許され、徳川秀忠に仕えた。慶長15年(1610年)には下総国結城で1000石を与えられ、従五位下・隼人正に叙任する。

慶長20年(1615年)の大坂夏の陣に参加し、元和元年(1615年)11月には戦功により武蔵国八幡山で1000石を加増された。元和3年(1617年)、秀忠の上洛に従ったが病に倒れ、伊勢国桑名で没した。享年38。

跡は子・直広が継いだ。なお、宗家の盛広系松前家が5代目の矩広で絶えると、6代目からは忠広の曾孫である邦広が宗家を継ぎ、以後は忠広系松前家として幕末まで続いた。