メインメニューを開く

松尾 格(まつお いたる、1954年4月23日 - )は、日本の元プロ野球選手である。長崎県島原市出身。

松尾 格
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長崎県島原市
生年月日 (1954-04-23) 1954年4月23日
没年月日 2015年????
身長
体重
178 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1972年 ドラフト3位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

海星高等学校では夏の甲子園に2年連続出場。1971年選手権は控え投手として2回戦に進むが、桐蔭学園の大塚喜代美(三協精機日本鋼管ライト工業)に完封を喫する[1]。この試合ではリリーフとして甲子園初登板を果たす。翌1972年選手権はエースとして出場。1回戦で三重・海星高を完封するが、2回戦で明星高に敗退[1]

1972年ドラフト3位でロッテに入団。しかし一軍では登板機会がなく、1980年限りでロッテを退団。引退後はプロゴルファーとなる[要出典]

178センチメートルの恵まれた体格を利して正面から打者と勝負する本格派投手であったが、立ち上がりの制球の悪さに難があった。ストレートの球質は重く低めに伸び、高めでホップしてくる。他にカーブ、スライダーを武器としていた。

2015年に、ガンのため亡くなった。61歳だった

詳細情報編集

年度別投手成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 53 (1973年 - 1980年)

脚注編集

  1. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目編集