松山市立三津浜小学校

松山市立三津浜小学校(まつやましりつみつはましょうがっこう)は、愛媛県松山市にある公立小学校三津浜地域の中心部に位置し、在籍児童2000人強を数えた時期もあったものの、現在は児童数240人(2014年4月現在)の小規模校となっている。 校内に、松山藩主が参勤交代の折に立ち寄った「お茶屋井戸」が残る。 私服の登校は可能だが、ジャージは指定のものが存在する。

松山市立三津浜小学校
Matsuyama city Mitsuhama elem-sch.jpg
過去の名称 三津浜尋常小学校
三津浜尋常高等小学校
三津浜第一尋常高等小学校
三津浜町立梅田尋常高等小学校
松山市立梅田尋常高等小学校
松山市立梅田国民学校
松山市立梅田小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 松山市
校訓 すなおに・あかるく・たくましく
設立年月日 1887年(明治20年)4月
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 791-8051
愛媛県松山市梅田町2-42
北緯33度51分36秒東経132度42分53秒
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1887年(明治20年)4月 - 三津浜尋常小学校として開校。
  • 1893年(明治26年)4月 - 高等科を併設。三津浜尋常高等小学校と改称。
  • 1914年(大正3年)2月 - 広見にある尋常小学校を合併。
  • 1926年(大正15年)8月 - 三津浜第一尋常高等小学校と改称。
  • 1927年(昭和2年) - 新築移転。
  • 1938年(昭和13年)4月 - 三津浜町立梅田尋常高等小学校と改称。
  • 1939年(昭和14年)8月 - 温泉郡三津浜町が松山市へ編入されたのに伴い、松山市立梅田尋常高等小学校と改称。
  • 1941年(昭和16年)4月 - 松山市立梅田国民学校と改称。
  • 1947年(昭和22年)4月 - 松山市立梅田小学校と改称。
  • 1947年(昭和22年)6月 - 松山市立三津浜小学校と改称。
  • 1952年(昭和27年)3月 - 火災により校舎がほぼ全焼。
  • 1953年(昭和28年)3月 - 校舎を新築。
  • 1974年(昭和49年)6月 - プール竣工。
  • 1982年(昭和57年)3月 - 新校舎が落成。
  • 1987年(昭和62年)2月 - 創立100周年記念式典を挙行。

通学区域編集

  • 松山市
    • 梅田町、神田町、須賀町、住吉1~2丁目、松江町、三津1~3丁目、三津ふ頭、元町、若葉町
卒業生は基本的に松山市立三津浜中学校へ進学する。

周辺編集

アクセス編集

主な出身者編集

関連項目編集

外部リンク編集