メインメニューを開く

松平 勝道(まつだいら かつみち/かつつね)は、江戸時代後期の大名伊予国今治藩9代藩主。定房系久松松平家9代。官位従五位下若狭守駿河守

 
松平勝道
時代 江戸時代後期
生誕 文化10年1月13日1813年2月13日
死没 慶応2年8月6日1866年9月14日
改名 洪五郎(幼名)→定保(初名)→勝道
戒名 礼徳院
墓所 東京都江東区白河霊巌寺
官位 従五位下若狭守駿河守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定家茂
伊予今治藩
氏族 池田氏(屋形池田家)久松松平家定勝
父母 父:池田政行、母:松平正明娘・清子
養父:松平定芝
兄弟 池田政和勝道上杉義正室、
戸田氏著室、松平定正
正室:松平定芝三女・久
3男11女
養子:定法善子
テンプレートを表示

生涯編集

文化10年(1813年)1月13日、池田政行(6代藩主・松平定休の六男)の次男として誕生。天保5年(1834年)3月26日に従兄で8代藩主・松平定芝の婿養子となり、同年12月22日に従五位下・若狭守に叙任する。天保8年(1837年)9月12日、定芝の死去により家督を相続した。

天保14年(1843年)10月1日から文久2年(1862年)閏8月23日まで奏者番を務めた。この間、弘化3年(1846年)12月には駿河守に転任、嘉永6年(1853年)、将軍が交代して徳川家定が就任すると、その偏諱(「定」の字)を避ける形で初名の定保(さだやす)から勝道に改名した[1]。藩政においては文治政策に尽力し、種痘を実施し、万延元年(1860年)には古江浜塩田を完成させるなどした。文久2年(1862年)11月21日、自身の養子となっていた定芝の三男・定法に家督を譲って隠居し、慶応2年(1866年)8月6日に死去した。享年54。

系譜編集

子女は3男11女

脚注編集

  1. ^ 「定」の字は、松平定勝(初代藩主定房の父)から始まる久松松平家において通字とされていたものであった。同様に改名した人物として松平定猷がいる。なお、改名後の「勝」は定勝から1字を取ったものである。(参考