メインメニューを開く

松平 定芝(まつだいら さだしげ)は、伊予今治藩の第8代藩主。定房系久松松平家8代。

 
松平定芝
時代 江戸時代後期
生誕 寛政3年9月22日1791年10月19日
死没 天保8年7月16日1837年8月16日
改名 安次郎、安之丞(幼名)→定芝
別名 甘裳、盾山(号)
戒名 謙徳院
墓所 東京都江東区白河霊巌寺
官位 従五位下、采女正、若狭
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
伊予今治藩
氏族 久松松平氏
父母 父:松平定剛、母:土岐定経の娘
兄弟 定芝高力直行大嶋義彬、ほか
正室:松平康任の娘・
長男、次男、定法、久(松平勝道正室)、娘(有馬温純正室)、他娘3人
養子:勝道

生涯編集

寛政3年(1791年)9月22日、第7代藩主・松平定剛の長男として生まれる。文化2年(1805年)12月に従五位下、采女正に叙任する。後に若狭守に転任する。文政7年(1824年)6月5日、父の隠居により跡を継ぎ、父と同じように文治政策に尽力した。天保8年(1837年)7月16日、父に先立って死去した。享年47。

子のほとんどは早世し、残っていた三男の定法も幼少のため、従弟の勝道(第6代藩主松平定休の六男・池田政行の次男)を婿養子として跡を継がせた。