メインメニューを開く

松平 宗長(まつだいら むねなが)は、江戸時代中期の大名越前国高森藩初代藩主。官位従五位下兵庫頭内膳正

 
松平宗長
時代 江戸時代中期
生誕 貞享4年(1687年
死没 宝永6年11月20日1709年12月20日
墓所 東京都足立区東伊興の法受寺
官位 従五位下兵庫頭内膳正
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣
越前高森藩
氏族 本庄松平家
父母 父:松平資俊、母:佐野勝由
兄弟 宗弥宗長宗胡富田知徳
鳥居忠瞭正室、松平義孝正室、
松平久端正室ら
養兄弟:資訓
養子:宗胡
テンプレートを表示

生涯編集

松平資俊の三男として誕生。

桂昌院が大伯母に当たることから中奥の御小姓に取り立てられる。宝永2年(1705年)、高森藩主・松平頼職が本家の紀州藩を継ぐこととなったため、桂昌院の遺言もあって大名として取り立てられ、高森に2万石を与えられた。しかし在任僅か4年後の宝永6年(1709年)11月20日に死去した。享年23。

跡を弟・宗胡が継いだ。