メインメニューを開く
松平康荘
明治末期

松平 康荘(まつだいら やすたか、慶応3年2月6日1867年3月11日) - 昭和5年(1930年11月17日)は、明治から昭和期の日本華族。旧福井藩主家(越前松平家)第18代当主、侯爵

略歴編集

福井藩主松平茂昭の次男として生まれる。幼名は信次郎。1884年(明治17年)1月24日、元服し、従五位に叙任する。慶應義塾に学ぶ。1月28日、政府からドイツ留学を許可される。同年2月16日、ドイツに向けて出発する。1887年(明治20年)3月11日、イギリス留学に変更することを許可され、サイレンセスター王立農学校 (Royal Agricultural Collegeに学ぶ。1890年(明治23年)7月26日、父の危篤により、帰国する。同年8月1日、家督を相続する。同年10月11日、イギリスに戻り、農芸を専攻して帰国後、福井城内に農事試験場(松平農試場)を設け、果樹・園芸に専念した。大日本農会会頭、帝国農会会長。日英博覧会 (1910年)にて『The Culture of Kaki』を出品している。

北越山文殊寺と号し、三田平凡寺と交流した趣味人でもあった。

栄典・授章・授賞編集

位階
勲章等

系譜・家族編集

父母
兄弟姉妹
子女

当初、慶民を養子に迎えたが、のちに実子康昌が生まれた。侯爵家は康昌が継承し、慶民は分家して子爵家を立てた。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第170号「叙任」1884年01月25日。
  2. ^ 『官報』第3893号「叙任及辞令」1896年6月22日。
  3. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  4. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。

参考文献編集

関連項目編集

  • ニホンオオカミ(前述の城内農業試験場内にて発見されたイヌ科の動物が、日本最後のニホンオオカミの個体であるとする説がある。)


日本の爵位
先代:
松平茂昭
侯爵
福井松平家第2代
1890年 - 1930年
次代:
松平康昌