メインメニューを開く

松平 正和(まつだいら まさとも)は、江戸時代後期から幕末期の大名上総大多喜藩の第8代藩主。大河内松平宗家10代。

 
松平正和
時代 江戸時代後期 - 末期(幕末
生誕 文政6年(1823年
死没 文久2年9月29日1862年11月20日
改名 亀次郎(幼名)→正和
別名 主膳(通称
官位 従五位下、備前守、備中守、織部正
幕府 江戸幕府
上総大多喜藩
氏族 大河内松平家
父母 父:松平正敬、養父:松平正義
兄弟 正和輝聴
正室:加納久儔の娘
峯子(三女、松平正質正室)、
鍈子(水野忠敬正室)、貴子(間部詮道正室)
養子:正質

生涯編集

文政6年(1823年)、第6代藩主松平正敬の長男として生まれる。文政9年(1826年)に父が隠居したとき、家督を継げなかったのは幼少のためと思われる。天保8年(1837年)に叔父で第7代藩主の正義が死去したため、その養子として跡を継ぎ、12月に叙任する。しかし天保13年(1842年)には大多喜城天守閣の焼失、弘化3年(1846年5月の大洪水、さらに嘉永2年(1849年)4月には幕府の日光祭礼奉行などの役職歴任による出費など、その治世は多難を極めている。

正和には女児しかなかったため、文久2年(1862年)9月29日に40歳で死去した後は、婿養子として迎えた正質が跡を継いだ。