メインメニューを開く

松平 正敬(まつだいら まさかた)は、江戸時代後期の大名上総大多喜藩の第6代藩主。大河内松平宗家8代。

 
松平正敬
時代 江戸時代後期
生誕 寛政6年(1794年
死没 天保3年7月16日1832年8月11日
改名 元吉(幼名)→正敬
官位 従五位下、織部正
幕府 江戸幕府
上総大多喜藩
氏族 大河内松平家
父母 父:松平正路
兄弟 正敬正従正当正義正記
正室:松平信明の六女)
正和輝聴
養子:正義

生涯編集

寛政6年(1794年)、第5代藩主松平正路の長男として生まれる。文化5年(1808年)、父の死去により跡を継ぎ、12月に叙任する。文政9年(1826年)9月27日、病気を理由に家督を弟で養子の正義に譲って隠居し、天保3年(1832年)7月16日に死去した。享年39。