メインメニューを開く

松平 英親(まつだいら ひでちか)は、江戸時代前期の大名豊後国高田藩2代藩主、のち豊後杵築藩初代藩主。杵築藩能見松平家4代。官位従五位下市正

 
松平英親
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永2年4月22日1625年5月28日
死没 宝永3年3月10日1706年4月22日
改名 千松、伝三郎(幼名)→直次(初名)→重頼→英親→宗閑(号)
戒名 瑞竜院殿大宙宗閑大居士
墓所 京都府京都市右京区花園妙心寺聖沢院
官位 従五位下市正
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱綱吉
豊後高田藩主→豊後杵築藩
氏族 能見松平家
父母 父:松平重直、母:松平重忠
兄弟 英親重長直政正方
一柳直興正室、織田長政正室
正室:松平康信娘・常子
重栄重興
養子:竹腰正晴正室[1]
テンプレートを表示

略歴編集

高田藩初代藩主・松平重直の長男として誕生。寛永20年(1643年)正月に家督を継ぐ。

正保2年(1645年)、高田から杵築3万2000石に移封された。藩政を確立するために25か条の法令を始め、寛文2年(1662年)からは検地を実施して新田開発などに尽力した。明暦2年(1656年)の日根野吉明改易時の府内城受け取り役も務めている。

元禄5年(1692年)12月4日、長男・重栄に家督を譲って隠居し、宝永3年(1706年)3月10日に82歳で死去した。江戸台東区竜泉)の正燈寺開基。法号は瑞竜院殿大宙宗閑大居士。

脚注編集

  1. ^ 一柳直興の娘