松平 康信(まつだいら やすのぶ)は、江戸時代前期の大名下総国佐倉藩2代藩主。後に摂津国高槻藩主を経て、丹波国篠山藩初代藩主となる。形原松平家7代当主。

 
松平康信
時代 江戸時代前期
生誕 慶長5年2月9日1600年3月23日
死没 天和2年6月13日1682年7月17日
改名 又七郎(幼名)、康信、別峯(法号)
戒名 大安院徳誉別峯
墓所 京都府亀岡市古世町の光忠寺
官位 従四位下若狭守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
下総佐倉藩主、摂津高槻藩主、丹波篠山藩
氏族 形原松平家
父母 松平家信太田輝資娘紫雲院
兄弟 康信重信氏信信忠信昌
石川正重室、松平広永室、松平康比室、
櫛笥隆朝室、和田重富室、井伊直好継室、晃玄
水野重央娘常覚院酒井忠勝娘長松院
典信昭信英信信則、常子、
土屋政直正室、石川正長室、松平広良
テンプレートを表示

生涯編集

慶長5年(1600年)2月9日、上総国五井の領主(後に下総佐倉藩の初代藩主)である松平家信の次男として上総五井で誕生。慶長6年(1601年)に父と共に三河国形原藩に移った。慶長17年(1612年)に従五位下・若狭守に叙位・任官する。慶長19年(1614年)から始まった大坂の陣では、冬・夏共に徳川方として参加した。

寛永15年(1638年)、父の死去により家督を継いで佐倉藩主となる。寛永17年(1640年)9月28日に摂津高槻に移封される。慶安2年(1649年)7月4日、1万4000石を加増されて5万石とされた上で、丹波篠山に移封された。篠山藩政では、4ヵ年にわたる検地を実施して郷村制度を確立し、さらに旧勢力である土豪を一掃して藩政を確立している。また、寛文6年(1666年)には丹後国宮津藩京極高国改易された際の宮津城受け取り役を務めたことなどから、寛文7年(1667年)12月28日に従四位下に昇叙された。

寛文9年(1669年)9月29日、老齢を理由に家督を長男の典信に譲って隠居する。しかしその典信が寛文12年(1672年)に早世したため、孫の信利を次の藩主に擁立し、自らは後見人として藩政を執った。その信利も早世したため、信利の弟の信庸を新たに擁立して、天和2年(1682年)6月13日に死去するまで藩政を執ることとなった。享年83。

系譜編集

関連項目編集