メインメニューを開く

一柳 直興(ひとつやなぎ なおおき)は、江戸時代前期の大名伊予国西条藩の第3代藩主

 
一柳直興
時代 江戸時代前期
生誕 寛永元年(1624年
死没 元禄15年8月3日1702年8月25日
別名 左近(通称)[1]
墓所 石川県金沢市三溝町の高巌寺
官位 従五位下監物
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
伊予西条藩
氏族 一柳氏
父母 父:一柳直重、母:菊亭公矩
兄弟 直興直照
正室松平重直の娘
松平英親養女
テンプレートを表示

寛文5年(1665年)、職務怠慢や失政などを理由に改易された。

生涯編集

寛永元年(1624年)、一柳直重(のちの西条藩第2代藩主)の長男として、伊勢国神戸[2]に生まれる[1]。寛永15年(1638年)、徳川家光に初謁[1]

正保2年(1645年)12月1日、父の死去により跡を継いだ[1]。このとき5000石を弟の直照に分与したため、西条藩は2万5000石となった[1]。正保3年(1646年)12月30日、従五位下に叙され、監物と称す[1]。寛文4年(1664年)4月5日、徳川家綱より領知朱印状を受けている[1]。しかし寛文5年(1665年)7月29日、職務怠慢や失政などがとがめられて改易され[1]、身柄は加賀藩前田綱紀に預けられた[1]

寛政重修諸家譜』には、改易の理由は以下のように記されている。

  • 寛文元年(1661年)、直興は幕命によって禁裏造営の助役[3]に任じられた。しかし竣工時に京都に所在するよう命じられていたにもかかわらず、入洛が竣工後、天皇がすでに禁裏に入った後になった[1]
  • 病気のために参勤交代の遅滞が生じたがその届け出が遅れ、しかもその後病状を老中に報告しなかった[1]
  • 藩政において失政があった(封内の政事よからず)[1]
  • あまつさえ好色にして無作法であるとの風聞がある[1]

貞享3年(1686年)、配所に身を置きつつ従者を使うことを許された[1]。元禄15年(1702年)8月3日、金沢において死去、享年79[1]

家族・親族編集

正室は松平重直の娘[1]。正室との間に娘が一人いる[1]。直興夫妻は離婚となったため、娘は母と共に松平家に引き取られ、のちに母方の叔父である松平英親の養女となった[1]。その後、竹腰正晴に嫁している。

弟・直照の系統は5000石の旗本として存続している[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 『寛政重修諸家譜』巻第六百三
  2. ^ 当時神戸藩主であった祖父一柳直盛の所領
  3. ^ デジタル版日本人名大辞典によれば女院御所造営助役

参考文献編集

外部リンク編集