メインメニューを開く

松平近貞 (出雲国広瀬藩主)

江戸時代中期の大名。広瀬藩第6代藩主

松平 近貞(まつだいら ちかさだ)は、江戸時代中期の大名出雲国広瀬藩6代藩主。官位従五位下淡路守。直政系越前松平家広瀬藩分家6代。

 
松平近貞
時代 江戸時代中期
生誕 享保18年9月16日1733年10月23日
死没 天明5年9月7日1785年10月9日
改名 近峰→近貞→大内記
戒名 本源院
官位 従五位下淡路守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重家治
出雲広瀬藩
氏族 越前松平家支流広瀬松平家
父母 父:松平近明、母:千寿院
養父:松平近輝
兄弟 近輝近哲近貞渡辺信綱正室
正室:黒田長邦娘・永姫
側室:佐野氏
直寛
養子:直義
テンプレートを表示

略歴編集

4代藩主・松平近明の三男として誕生。母は側室・千寿院。

宝暦7年(1757年)、兄・近輝が嗣子無くして死去したため、その跡を継いだ。このとき、近峰という名を近貞と改めている。安永2年(1773年)7月4日、従兄の津山藩主・松平長孝の次男・直義を養嗣子として迎え、同年11月23日に隠居して家督を譲って隠居し、大内記と号した。

天明5年(1785年)9月7日、江戸にて53歳で死去した。法号は本源院。