メインメニューを開く

松平直義

江戸時代後期の大名。広瀬藩第7代藩主

松平 直義(まつだいら なおよし/ただよし[1])は、江戸時代後期の大名出雲国広瀬藩7代藩主。官位従五位下淡路守。直政系越前松平家広瀬藩分家7代。

 
松平直義
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦4年4月28日1754年6月18日
死没 享和3年10月22日1803年12月5日
改名 長善→近義→直義
別名 通称:主税
戒名 本覚院
官位 従五位下淡路守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
出雲広瀬藩
氏族 越前松平家支流津山松平家広瀬松平家
父母 父:松平長孝、母:藤堂高治娘・岸
養父:松平近貞
兄弟 康哉直義長裕金田正彜
松平信有正室
正室:渡辺信綱
養子:直寛
テンプレートを表示

略歴編集

美作国津山藩主・松平長孝(出雲広瀬藩第3代藩主・松平近朝の三男)の次男として誕生。母は藤堂高治の娘(藤堂高朗の妹)。初名は長善(ながよし)、のち近義(ちかよし)[2]直義と改名。通称は主税(ちから)。

安永2年(1773年)、先代藩主・松平近貞の養子となり、同年のうちに家督を継いだ。米沢藩主・上杉治憲(鷹山)とも仲が良く、直義自身も才能に優れ、藩政で手腕を見せ、広瀬藩中興の君と言われた。また、文化人としての側面もあり、茶の湯に興味を持っては、同じく出雲松江藩主で親戚にあたる松平治郷(不昧)の門人となっていた。

享和3年(1803年)10月22日に死去。享年50。法号は本覚院。生前、50歳を過ぎた近貞に(つまり直義に家督を譲った後に)実子の直寛が生まれ、直義はこれを養子として迎えており、死後はこの直寛が跡を継いでいる。

脚注編集

  1. ^ 「なおよし」の読みは下記外部リンクのページより。足利直義と同じ読みで「ただよし」とされることもあるが、以降の当主に合わせて「直」は前者の「なお」と読むのが正確と思われる。
  2. ^ 下記外部リンクより。養子入りする前までは父・長孝より1字を賜って長善(長義)、近貞の養子になってからはその1字を賜い初めは近義と名乗っていた。

外部リンク編集

  • 松平直義(コトバンク/「講談社 日本人名大辞典」)