松平直寛

江戸時代後期の大名。広瀬藩第8代藩主

松平 直寛(まつだいら なおひろ)は、江戸時代後期の大名出雲国広瀬藩8代藩主。官位従四位下宮内大輔。直政系越前松平家広瀬藩分家8代。

 
松平直寛
時代 江戸時代後期
生誕 天明3年6月27日1783年7月26日
死没 嘉永3年10月21日1850年11月24日
官位 従四位下宮内大輔
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
出雲広瀬藩
氏族 越前松平家支流広瀬松平家
父母 父:松平近貞、母:佐野氏
養父:松平直義
正室:前田利物
継室:内藤政韶
側室:安達氏ら
直諒政徳直審定詢直慈政雅道久直行直在資貞直巳、蔵子、酒井道教室、阿部正義正室、
佐野時行正室、平野長発継室、泰、
松平信敏正室、高木某正室ら
テンプレートを表示

略歴編集

6代藩主・松平近貞の長男として誕生。母は側室・佐野氏。

父が老年でようやく生まれた実子であったが、既に父は家督を養嗣子の直義に譲っていたため、享和3年(1803年)の直義の死去により家督を継ぐこととなった。天保12年(1841年)に譜代衆取締役となり、功を挙げたことから城主格を与えられた。しかし藩政においては水害に見舞われたにもかかわらず、藩政そっちのけで帰国しなかった。

嘉永3年(1850年)10月21日、68歳で死去し、家督は長男・直諒が継いだ。

系譜編集