メインメニューを開く

松本 泰(まつもと たい、1887年2月22日 - 1939年4月19日)は、日本小説家推理作家である。本名は松本 泰三(まつもと たいぞう)。

恵子北海道庁初代水産課課長伊藤一隆の二女。

目次

経歴編集

東京芝区に生まれる[1]慶應義塾大学文学部卒業。学生時代の1911年に、少年を主人公にした自伝的小説「樹陰」を『三田文学』に発表し、『スバル』や『雄弁』などにも同傾向の作品を執筆した。これらはのちに最初の作品集『天鵞絨』(籾山書店、1913年3月)にまとめられた。同書刊行の1913年イギリスへ遊学、1919年に帰国した。帰国後は、高島屋に勤務しながら、『三田文学』などを舞台に、英国での経験を材料にした創作を発表した。

みずから奎運社を興して『秘密探偵雑誌』(のち『探偵文藝』と改題)を発刊し、探偵小説の創作や翻訳に活躍した。とくに、「犯罪小説」と呼ばれる分野での先駆者として知られている。

探偵作家の牙城であった雑誌『新青年』には1篇しか作品を発表していない。そのため、作風や探偵小説に対する考え方に関しても、いわゆる『新青年』系統の作家たちとは一線を画する存在であった。

また中野圭介の筆名で多数のミステリを発表している。

作品リスト編集

脚注編集

  1. ^ 松本泰 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」コトバンク

参考文献編集

外部リンク編集