松橋 通生(まつはし みちお)は、東京都出身の日本生物学者(微生物学生化学生化学生物物理学)である。

略歴編集

所属学会編集

著作・編集・翻訳編集

  • 『ワトソン・組換えDNAの分子生物学』- ジェームズ・ワトソン(著)松橋通生(翻訳)
  • 『ワトソン・組換えDNA―新しい分子生物学の展望』- ジェームズ・ワトソン、David T. Kurtz、John Tooze(著)松橋通生(翻訳)大坪栄一(翻訳)
  • 『遺伝子工学』- 中嶋暉躬、松橋通生村松正実野本明男
  • 『抽出・精製・分析』- 中島暉躬松橋通生、村松正実、 野本明男
  • 『高次構造・状態分析』- 中島暉躬、松橋通生、村松正実、 野本明男
  • 『生物材料の取扱い』- 中島暉躬、松橋通生、村松正実、 野本明男
  • 『一次構造』- 中島暉躬、松橋通生、村松正実、 野本明男
  • 『生物活性を用いる測定法』- 中島暉躬、松橋通生、村松正実、 野本明男
  • 『ポイントがわかる分子生物学』- 松橋通生真野佳博

現在の主な研究編集

生物細胞による音波、超音波の発信と受信。

関連人物編集