メインメニューを開く

松永 尺五(まつなが しゃくご(せきご)、文禄元年(1592年) - 明暦3年6月2日1657年7月12日))は江戸時代儒学者。京都出身。松永貞徳の子。名は昌三、字は遐年。日本三大梟雄とも言われる戦国大名で茶人としても有名な松永久秀は尺五の曽祖父である。

藤原惺窩の門人で、儒学程朱学派に属する。林羅山那波活所堀杏庵とともに窩門四天王の一人。

幕府や藩に対して仕官はせず、京都所司代板倉重宗の厚遇を受けて、京都に春秋館講習堂尺五堂といった私塾を設営し、多くの弟子を育成した。

主な著書編集

  • 一切経抜萃
  • 大海一滴
  • 彝倫抄
  • 五経集注首書
  • 四書事文実録
  • 古文後集首書
  • 尺五先生全集

主な弟子編集