松永 憲生(まつなが けんせい、1947年5月9日[1] - )は、日本ノンフィクション作家ジャーナリスト

来歴編集

静岡県生まれ[2]駒澤大学法学部卒業。 通信社で5年の記者活動。その後、独立。とくに司法・犯罪分野を中心に取材・執筆。

主な著書は『裁判官の内幕』、『冤罪・自民党本部放火炎上事件』、『怪物弁護士・遠藤誠のたたかい』など多数。

とりわけ、『空白の航跡』、『逆転無罪』(共著)は原案としてテレビ朝日でドラマ化された[3]

主な著書編集

  • 『裁判官の内幕』三一書房 1978.3
  • 『空白の航跡 -「裁かれる空」の記録』講談社 1980.4
  • 『還らざる出撃』社会批評社 Bigmanブックス 1984.8
  • 『怯える殺し屋 -「殺人マシーン」と呼ばれた男の軌跡』JICC出版局 1985.9
  • 『怯える殺し屋』宝島社 1985.10
  • 『冤罪・自民党本部放火炎上事件』三一書房 1993.12
  • 『怪物弁護士・遠藤誠のたたかい』社会批評社 1995.11
  • 『裁判官を信じるな!』宝島社 2001.5
  • 『怪物弁護士・遠藤誠のたたかい』増補版 社会批評社 2013.12.6

共著編集

  • 『逆転無罪 - 宿直行員殺し』現代史出版会 1979.12 (大森勧銀事件参照)
  • 『別冊宝島333 隣りの殺人者たち―彼や彼女はなぜ、人を殺したのか?』宝島社 1997.9.18
    • 「尊属殺人事件 家族狩り」、「国選弁護人と殺人者 私の憤死する霊魂は必ず彼らを呪い殺す!」
  • 『ヒューマン・ドキュメント 倒産!』宝島SUGOI文庫 2009.9.5

出典編集

  1. ^ 有名人誕生日~去年の今頃
  2. ^ 『裁判官を信じるな!』著者紹介~紀伊國屋書店
  3. ^ 東京スクール・オブ・ビジネス「先生プロフィール」~best-shingaku.net