松浦鄰

江戸時代中期の大名。平戸新田藩第3代藩主

松浦 鄰(まつら ちかし)は、江戸時代中期の大名肥前国平戸新田藩3代藩主。2代藩主・松浦邑の長男。

 
松浦 鄰
時代 江戸時代中期
生誕 宝永2年(1705年
死没 享保13年9月24日1728年10月26日
別名 通称:大助、勝十郎、弾正(通称)
戒名 天球院
官位 従五位下豊後守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家宣家継吉宗
平戸新田藩
氏族 松浦氏
父母松浦邑
テンプレートを表示

略歴編集

宝永5年(1708年)12月27日、父が死去したために僅か4歳で家督を継いだ。宝永7年1月15日、江戸城の柳間詰めとなる。正徳5年(1715年)3月15日、7代将軍徳川家継にお目見えする。享保4年(1719年)12月18日、従五位下豊後守に叙任する。

享保13年(1728年)9月24日、24歳で早世した。嗣子がなかったため、養嗣子の松浦篤信の六男)が跡を継いだ。