松田ボクシングジム

座標: 北緯35度8分26.4秒 東経136度54分4.4秒 松田ボクシングジム(まつだボクシングジム)は、愛知県名古屋市熱田区ボクシングジムである。

株式会社松田プロモーション
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
456-0002
愛知県名古屋市熱田区金山町1丁目15-18
業種 サービス業
法人番号 5180001022780
事業内容 ボクシングジムの運営
代表者 代表取締役 松田鉱二
外部リンク http://matsuda-gym.com/services
テンプレートを表示
松田ボクシングジム(2015年10月)

畑中清詞を名古屋のジムとして初めての世界王者に育て上げた。現在でも緑ボクシングジムと並ぶ名古屋の名門ジムとして君臨する。

沿革Edit

ジム創立は1943年。昭和10年代(1935年~1944年)にフェザー級の10回戦選手として40戦以上を戦った松田泰雄が、現役引退と同時に名古屋市中区にジムをオープンした。この時の建物は、第二次世界大戦の際に空襲で焼かれてしまったが、1948年に名古屋市熱田区に現在のジムが再建されている。

1982年に一線を退いた泰雄に変わってジムを切り盛りしている長男の鉱二は、「松田ジムからチャンピオンが誕生するところを親父に見せたい」と、父の果たせなかったチャンピオン育成の夢を実現させようと、昭和61年から仕事をやめて選手作りに専念する。

1987年当時の最有力候補は畑中清詞で、ビッグ・ホープの誕生で停滞していた中部のリングが活気を増した。 畑中に続く選手を続々と育て、5戦5KOの内4試合が1ラウンド1分以内のKO勝ちという磯村敏郎(フェザー級)、その磯村とのスパーでも決してひけをとらないという村田隆(フェザー級)、横井克利(Jフェザー級)。後に、薬師寺保栄も加わる。

(参考:ワールドボクシング 1987年3月号)

主な選手Edit

世界王者Edit

主な現役選手Edit

引退した主な選手Edit

関連項目Edit

外部リンクEdit