メインメニューを開く

松田 利彦(まつだ としひこ、1964年 - )は、日本歴史学者国際日本文化研究センター教授。専門は近代日朝関係史。

経歴編集

  • 徳島県生まれ
  • 1989年3月 京都大学文学部史学科卒業
  • 1991年3月 京都大学大学院文学研究科西洋史学専攻修士課程修了
  • 1993年3月 京都大学大学院文学研究科現代史学専攻博士後期課程退学
  • 1992年1月 文部省学術振興会特別研究員
  • 1993年4月 京都大学文学部助手
  • 1996年4月 兵庫県立神戸商科大学 商経学部専任講師
  • 1998年10月 国際日本文化研究センター助教授
  • 2000年4月 ソウル大学社会科学大学経済研究所特別研究員(文部省在外研究員)
  • 2007年 日文研准教授 
  • 2008年 「日本の朝鮮植民地支配と警察 一九〇五~一九四五年」で京大文学博士
  • 2013年7月 日文研教授

  

主な著作編集

単著編集

  • 『戦前期の在日朝鮮人と参政権』(明石書店、1995年)
  • 『日本の朝鮮植民地支配と警察 一九〇五~一九四五年』(校倉書房、2009年)
  • 『東亜連盟運動と朝鮮・朝鮮人 日中戦争期における植民地帝国日本の断面』(有志舎、2015年)

編著編集

共編著編集

  • 浅野豊美)『植民地帝国日本の法的構造』(信山社出版、2004年)
  • (浅野豊美)『植民地帝国日本の法的展開』(信山社出版、2004年)
  • やまだあつし)『日本の朝鮮・台湾支配と植民地支配』(思文閣出版、2004年)
  • (陳姃湲)『地域社会から見る帝国日本と植民地 朝鮮・台湾・満洲』(思文閣出版、2013年)
  • 酒井哲哉)『帝国日本と植民地大学』(ゆまに書房、2014年)
  • 磯前順一榎本渉・前田志織・吉江弘和)『なぜ国際日本研究なのか―「国際日本研究」コンソーシアムシンポジウム記録集』(晃洋書房、2018年)

刊行史料編集

  • 『松井茂博士記念文庫旧蔵 韓国「併合」期警察資料』全8巻(ゆまに書房、2005年)

外部リンク編集