メインメニューを開く

松野 重元(まつの しげもと)は、安土桃山時代武将大名江戸時代寄合家老筑後松延城[4](吉井城)代。通称は平八。は別に正重(まさしげ)[5]石田三成の偏諱を受けて三正(みつまさ)とも名乗った[2]。官途は主馬首[6]で、松野主馬とも称する。号を道円と称したので、松野道円ともいう。

 
松野重元
時代 安土桃山時代 - 江戸時代
生誕 生年不詳
死没 明暦元年8月14日[1]1655年9月13日
改名 重元 → 正重 → 三正[2] → 道円
別名 正重、三正、通称:平八、主馬、主馬助
墓所 妙心寺塔頭海福院[3]京都府京都市右京区花園妙心寺町)
官位 従五位下主馬首
主君 豊臣秀吉小早川秀秋田中吉政忠政
徳川忠長
柳河藩駿府藩
氏族 松野氏(豊臣氏
父母 父:松野重定(平八)
一柳直末の娘

生涯編集

松野平介(一忠)の弟・平八(重定)の子[7]。伯父の平介は織田信長の馬廻で本能寺の変後に追腹をして果てた。父の平八は豊臣秀吉に馬廻として仕え、天正15年(1587年)に九州の役で戦死した。

重元も父を継いで秀吉に仕え、天正19年(1591年)に丹波国多紀郡富田・屋代に300石の采地を与えられた。

天正20年(1592年)、豊臣姓を賜った[8]。知行1万石[1]

文禄4年(1595年)、小早川隆景の養子となった木下家定の五男・秀俊(のちの小早川秀秋)が丹波亀山から筑前名島へと移封になった際、秀吉より特に小早川氏の重臣として附けられ、その鉄砲頭に任じられた。また、この際に従五位下主馬首に叙任された[2]

慶長5年(1600年)の関ヶ原戦役では、秀秋に従って伏見城の戦いに参戦。9月15日の関ヶ原の戦いの本戦では、東軍へ寝返ろうとした秀秋に不満で、これに反発して不戦を貫き、戦線を離脱し、出奔した。しかし、このことが豊臣家を裏切らなかった忠義者としての評価を受け、戦後は田中吉政に仕官した。

吉政が筑後国柳川城32万石に加増転封されると、重元は1万2,000石(または1万3,000石[5])の知行を与えられ、同国山門郡松延城[4](後に廃城)の城番家老とされた。吉政の下、治水工事や堤防工事などに才を発揮し、重元が改修した川は「主馬殿川」と呼ばれた[9]

元和6年(1620年)に田中氏が二代目で無嗣断絶により改易となると、同年9月に駿河大納言徳川忠長に仕えたが、寛永10年(1633年)にこの忠長も改易されて自害に追い込まれ、再び浪人。主君に恵まれなかった重元は、その後は仕官せず、明暦元年(1655年)に陸奥国白河で死去したとも[10]、同年8月14日に病で京都で死んだともいう[3][5]妙心寺に葬られた[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 松野正重 デジタル版 日本人名大辞典+Plus』 - コトバンク
  2. ^ a b c 高柳 & 松平 1981, p. 234.
  3. ^ a b c 大日本人名辞書刊行会 1926, p. 2496.
  4. ^ a b 蒲池氏の城の一つ。在福岡県みやま市瀬高町松田。
  5. ^ a b c 太田亮、国立国会図書館デジタルコレクション 「松野氏」 『姓氏家系大辞典』第5巻 国民社、1944年、5655頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1123956/556 国立国会図書館デジタルコレクション 
  6. ^ しばしば「主馬助」とも誤記される。
  7. ^ 高柳 & 松平 1981, pp. 234-235.
  8. ^ 村川浩平「羽柴氏下賜と豊臣姓下賜」1996年によれば、豊臣賜姓は天正20年(1592年)とされる。
  9. ^ 古地図に見る松田の歴史
  10. ^ 高柳 & 松平 1981, p. 235.

参考文献編集