メインメニューを開く

田中(たなか)は、日本の苗字のひとつ。明治新姓として農民身分が多く名乗ったことから、非常に多くの地域に亘って存在する。神主による一括姓名拝領式における、「すすきが転じて鈴木」と同様に、「田んぼの仕事してるから田中」、となったことが多数である苗字である。

吉政系 田中氏編集

出自は近江国人で近江源氏とも橘氏ともいわれるが、吉政の父の名も系図により食い違うなど判然とせず、実際は近江国高島郡田中村(滋賀県高島市安曇川町田中)の農民の子にすぎなかったともいわれる。また、宇多源氏佐々木支流であるとも言われ、その後(家紋に一つ目結を使っている)淵上氏に分家したともいわれる。しかし家紋に「一つ目結」紋(釘抜き紋ともいう)を用いたことから、なんらかの形で先祖は佐々木氏と血縁関係があったと推測される。戦国時代の田中吉政は、はじめ近江国人の宮部継潤に仕えた後、天正7年(1579年)ごろ羽柴秀吉に仕える。その後秀吉の甥羽柴秀次の付家老となる。文禄4年(1595年)の秀次切腹騒動の後、多くの関係者が連座して罰せられたが、吉政は秀次の付家老という密接な関係ながら、咎めを受けることはなかった。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは東軍に付く。そして戦に敗れ伊吹山を逃亡中の、西軍大将石田三成を捕らえることに成功した。この大功により、筑後国柳川32万石を与えられた。しかし、吉政没後に跡を継いだ2代藩主田中忠政は子を残さないまま死去、柳川藩は無嗣断絶となり立花氏に継がれた。

その後、忠政の兄田中吉興が2万石を与えられたが、部下の罪を咎められてこちらも改易処分となった。以後、田中氏一族は旗本陪臣として続いた。


系図編集

太線は実子。細線は養子。
田中重政
 ┣━━┳━━┓
吉政 清政 氏次
 ┣━━┳━━━━┳━━━━┳━━┓
吉次 吉信 吉興(康政?) 忠政 庸政
 ┃  菅沼定盈  |       ┃
 ┃   ┣━━┓|       ┃
吉勝 菅沼定芳 吉官      栄政
 ┃  (六男) (八男)
 ┃   ┃┌──┫
政信   定房 定格
 ┃   (三男) ┃
 ┃        ┃
政之      定賢
 ┃        ┃
信之      定安元陳

村上源氏系田中氏編集

田丸氏  源朝臣師房 北畠雅家 北畠親房 田丸具業(顕晴)  田丸直昌  田中玄儀  田中玄重   田中正玄、会津藩始祖

里見系 田中氏編集

新田系里見氏一族。里見義俊(大新田竹林太郎)の次男・田中義清を開祖とする。

千家系譜』、『千利休由緒書』によると、安土桃山時代茶人千利休(田中与四郎)はその末裔と称したが[1]、確証はない。

岩松系 田中氏編集

足利系岩松氏一族。畠山義純の次男・田中時朝を開祖とする。明治時代田中正造はその末裔という。

植松系 田中家編集

村上源氏流の岩倉家庶家である植松家出身の子爵植松雅徳の子・植松雅行が田中家と称した。

伊達、宇和島藩系 田中家編集

宇和島藩領高山浦の庄屋・田中家

関連記事: 伊達村候

その他編集

遠江国土豪井伊氏当主・彌直の次男直家が田中姓を名乗り、井伊系田中氏も存在していた。

上述した通り、田中という姓は非常に多くの氏族に亘って存在しており、一定の社会や組織の中において多数見られることがある姓の1つでもある。

これを活かして、公営競技オートレース飯塚オートレース場においては、2009年2月、開催初日に田中姓の選手を8人同じレースに出走させ、その名も「田中選抜」という企画レースを開催したことがある。

脚注編集

  1. ^ 千玄室「一服どうぞ-ご先祖と八犬伝の縁」『産経新聞』2014年8月10日参照。