板倉 勝貞(いたくら かつさだ)は、江戸時代後期の大名備中国庭瀬藩8代藩主。官位従五下摂津守。重宣系板倉家9代。

 
板倉勝貞
時代 江戸時代後期
生誕 享和元年(1801年
死没 嘉永2年3月16日1849年4月18日
戒名 芳俊院殿功山源運大居士
官位 従五下摂津守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
備中庭瀬藩
氏族 板倉氏
父母 板倉勝喜
兄弟 勝並勝豊勝氐勝資勝貞
阿部正信正室
勝敬勝成
テンプレートを表示

略歴編集

5代藩主板倉勝喜の五男として誕生。

文政7年(1824年)11月15日、11代将軍徳川家斉に拝謁する。天保3年(1832年)閏11月21日、兄で先代藩主板倉勝資の隠居により家督を継ぐ。同年12月16日、従五位下摂津守に叙任する。藩政に見るところもなく、嘉永元年(1848年)3月21日に家督を養嗣子の勝成に譲って隠居し、翌年3月16日に死去した。享年49。法号は芳俊院殿功山源運大居士。

系譜編集