メインメニューを開く

板倉 勝敬(いたくら かつたか、文政5年(1822年) - 弘化2年(1845年))は、備中国庭瀬藩の世嗣。第7代藩主・板倉勝資の長男。

父の跡を継いだ叔父の第8代藩主・板倉勝貞の養子となる。しかし、家督相続前の弘化2年(1845年)に、24歳で死去した。代わって、陸奥国磐城平藩から板倉勝成が養子に迎えられ、嫡子となった。