板垣 信泰(いたがき のぶやす)は、戦国時代武将甲斐武田氏家臣

 
板垣信泰
時代 戦国時代
生誕 不明[1]
死没 不明[1]
官位 右兵衛尉[2]
幕府 室町幕府
主君 武田信虎
氏族 板垣氏
父母 父:板垣信能
信方室住虎登
テンプレートを表示

生涯編集

武田信玄傅役で、『甲陽軍鑑』に拠れば武田家の「両職」を務めたという板垣信方の父とされるが、異説も存在する[2][1]。『武田御日坏帳 二番』によれば、信方は天文14年(1545年)5月20日に高野山成慶院で「積翁浄善禅定門」の追善供養を行っており、これが信泰にあたるとも考えられている[3]

信泰は於曽郷(山梨県甲州市塩山下於曽)を本拠とし、大永3年(1523年)閏年3月4日に生母「苗庵理根禅定尼」の逆修供養を高野山引導院で行なっている[2][1]。「向嶽寺文書」によれば、大永5年(1525年)2月25日、向嶽寺(甲州市塩山上於曽)明白軒に湯薬種田を寄進した[2][1]。年未詳3月20日にも同じく明白軒に「御きたさま」の代理として向嶽寺開祖の抜隊得勝へ寺領を寄進している[1]。この「御きたさま」は武田信虎正室の大井夫人を指すとする説がある[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 丸島 2015, p. 85.
  2. ^ a b c d e 柴辻 2007, p. 191.
  3. ^ 丸島 2015, p. 86.

参考文献編集

  • 柴辻俊六 編 『武田信虎のすべて』新人物往来社、2007年。ISBN 978-4-404-03423-6 
  • 丸島和洋 著「板垣信泰」、柴辻俊六; 平山優; 黒田基樹 他 編 『武田氏家臣団人名辞典』東京堂出版、2015年。