メインメニューを開く

板垣氏(いたがきし)は、日本の氏族のひとつ。

板垣氏
家紋
地黒花菱じぐろはなびし
本姓 清和源氏義光流
武田支流
家祖 板垣三郎冠者源兼信
種別 武家
出身地 甲斐国
主な根拠地 甲斐国山梨郡板垣郷[1]
安芸国
若狭国
著名な人物 板垣兼信
板垣信方
板垣退助
支流、分家 乾氏武家
出雲路氏社家
酒依氏武家
諸星氏武家
中村氏武家
凡例 / Category:日本の氏族

人皇第56代清和天皇の苗裔、新羅三郎義光の後胤で武田氏の支流である。本姓は源氏家紋は「地黒花菱[2]」。甲斐本貫とするが、本流武田氏安芸若狭増封に従い下向したため、甲斐のみならず両国においても繁栄した。

始祖編集

武田信義の三男である三郎冠者兼信甲斐国山梨郡板垣郷(現・山梨県甲府市善光寺周辺)を領して、板垣氏を称したのが始めである。

来歴編集

板垣兼信は源頼朝に従い鎌倉幕府の草創に貢献したが、のちにその勢力拡大を恐れた頼朝から疎んぜられたため、所領の経営について違勅の罪を問われ、文治5年(1189年)、建久元年(1190年)、と相次いで、駿河国大津御厨、遠江国榛原郡双侶荘[3]地頭職を解任され、子らと共に隠岐国配流された。配流を逃れた子孫は世々武田氏に仕えた。建治元年(1275年)5月六条八幡新宮造営費用として甲斐国より3貫を納めた[4]

また、甲斐国を遊行した他阿真教の活動を記した「遊行上人縁起絵」巻8には真教に同行し、河口(富士河口湖町)で真教と別れ、真教御影の前で往生を遂げる板垣入道の姿が描かれ、兼信の子孫であると考えられている。

戦国時代には板垣信方武田信虎晴信(信玄)に仕え、晴信期には同じく譜代家臣の甘利虎泰とともに武田家の最高職である「両職」を務めたといわれる。信方は信濃国侵攻において諏訪城代を務め天文17年(1548年)に上田原の戦い村上義清軍に討ち取られた。跡を継いだ子の板垣信憲は信玄の勘気を被り殺害され、一旦板垣氏は断絶したが、信玄の命によって於曾信安が、板垣氏の名跡を再興して板垣信安と名乗った。信安の子板垣修理亮甲斐武田氏滅亡後に真田昌幸に仕えた[5]。修理亮の子・板垣半右衛門は堀尾忠晴に仕え、半右衛門の子・板垣平右衛門は、松平信濃守に仕えた[6]。平右衛門の二男・板垣知貞は、前田利常に仕え以後代々加賀藩士として存続した[7]。板垣知貞の嫡男・板垣信精(如風)は、『松梅語園』などの著作で知られる[8]

系譜編集

実線は実子、点線は養子
1板垣兼信
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣頼時2板垣頼重
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3板垣頼兼板垣信頼板垣実兼武田長兼
 
 
 
 
 
 
4板垣行頼武田信貞
 
 
 
 
 
 
5板垣長頼中村兼邦
 
 
 
 
 
 
6三郎左衛門中村兼貞
 
 
 
 
7三郎左衛門
 
 
 
 
8板垣四郎
 
 
 
 
9板垣播磨守
 
 
 
 
10板垣松溪
 
 
 
 
11板垣兼光
 
 
 
 
12板垣善満坊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
13板垣備州14板垣信泰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣伯耆守15板垣信方室住虎登女子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16板垣信憲酒依昌光17板垣信安[9]板垣信安妻
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣正信板垣正寅女子18板垣修理亮板垣隼人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾正行[10]板垣正善酒依昌吉19半右衛門女子(伊豆板垣家)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾正祐板垣摂紅酒依昌次20平右衛門諸星信茂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾正方板垣民部酒依昌重21板垣知貞諸星信時
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾正清出雲路信直酒依昌隆22板垣信精諸星信職
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(土佐藩士)(社家出雲路)(幕臣酒依家)(加賀藩士)(幕臣諸星家)

板垣氏関連年表編集

子孫編集

土佐板垣氏編集

1602年慶長7年)山内一豊の御代に、初代・板垣喜右衛門が召し抱えられ、二代・板垣喜右衛門、三代・板垣喜右衛門(只助)、四代・板垣只平、五代・板垣宇助、六代・板垣喜助(只平)と相続し、七代・板垣惣三郎(惇平)、八代・板垣堅助と続いた。九代目を相続したのが、土佐勤王党として活動した板垣高幸(寛之助)である。

三代目、板垣喜右衛門は、幼名「只助」と言い、谷秦山の高弟で、土佐藩漢学者で『板垣氏自家雑記』(所収『南路志』巻112、113、114)という、土佐の藩政期を知ることのできる貴重な日記を残している。(『板垣氏自家雑記』の記載年は元禄11年3月~享保18年8月)幕末の当主・板垣高幸土佐勤王党に属し、高幸の46歳の時に生まれた長男・板垣四十六郎は、1883年(明治16年)生まれで教育者として台湾第二中学校の校長を勤め台北市で客死した。

甲斐武田・板垣氏流中村氏編集

甲斐板垣氏族の中村氏は、甲斐国八代郡中村庄から興った甲斐武田氏族で、板垣兼信を祖とする。兼信の二男が板垣頼重(六郎)であり、板垣頼重の四男、板垣長兼(八郎)が氏を武田に復して武田長兼(大蔵允)と称した。武田長兼の子武田信貞は南北朝期、八代郡中村庄を領し、信貞の子、兼邦の代に中村氏を称した。この中村兼邦の子、中村兼貞(大蔵大輔)の代に安芸武田氏に仕えて安芸国へ移り、安芸国高田郡上土師・中土師・下土師を領した。この系統から中村元明らを輩出した。

伝承編集

  • 板垣信方の三男の「信廣(所左衛門)」という人物が帰農して上州板垣氏[43]になったという伝承が上州にあるが、上州板垣氏の伝承にしか登場しない人物であり、さらに現代に至る世代数が合わないなど、史実としては疑問視されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 西山梨郡板垣村、のち里垣村板垣(他の字名に酒折坂-)・善光寺東光寺)。現・山梨県甲府市善光寺、酒折、東光寺東光寺町愛宕町。より厳密には善光寺町柴宮神社甲斐善光寺(および善光寺町(門前町))、酒折宮などの所在地;
    甲府市編入の町名改称の件, 見て歩く甲斐武田氏の史跡 3 — 甲府市内 旧板垣村付近, 柴宮神社
  2. ^ 矢継原合戦記』によると「地黒菱」。この「菱」とは「四つ割菱(武田菱)では無く、住吉大社の神紋に因む「花菱」のことである」
  3. ^ 後の天正18年(1590年乾正信が、山内一豊に初めて召抱えられたとき、板垣信方の孫であることを理由に板垣氏の始祖兼信の所領があった、遠江国榛原郡雙侶荘の近くの榛原郡勝間田麻生村を知行地として賜った。
  4. ^ 『国立歴史民俗博物館研究報告 第45集』p.373。「「六条八幡宮造営注文」について」海老名尚、福田豊彦、1992、「造六条八幡新宮用途支配事」甲斐国 板垣入道跡
  5. ^ 『信州神川合戦の事(所収『信州上田軍記』)』
  6. ^ 『(加賀藩)諸士系譜』
  7. ^ 『加賀藩給帳』
  8. ^ 『金澤古蹟志(巻16)』』
  9. ^ 板垣信方の娘婿。実は於曾氏。永祿元年(1558年)、武田信玄の命に依って、板垣家を再興
  10. ^ 永原一照次男
  11. ^ 遊行上人縁起絵』巻8
  12. ^ a b 太平記
  13. ^ a b c d 甲州古文書
  14. ^ a b c 一蓮寺過去帳
  15. ^ 山梨県南アルプス市上野
  16. ^ a b 勝山記
  17. ^ 王代記』(窪八幡神社の別当寺普賢寺年代記で、戦国期の記録を含む。磯貝正義服部治則監修『王代記』ほか『山梨県史資料編』、『武田史料集新人物往来社戦国史料叢書)などにおいて翻刻されている。
  18. ^ 「板垣左兵衛佐」と「板垣右兵衛尉」は史料の解読の差で同人のことか。
  19. ^ 『甲斐国志』巻之九十六 人物部第五 板垣駿河守信方関連項目
  20. ^ 吉川弘文館『戦国人名辞典』
  21. ^ a b 向嶽寺文書
  22. ^ a b c 妙法寺記
  23. ^ 武田八幡宮宝殿棟札』より。
  24. ^ a b c d 高白斎記』武田家取次の駒井高白斎(政武)の記した日記。所収範囲は、1498年明応7年)から1553年(天文22年)
  25. ^ 『坂名井家文書』
  26. ^ 美和神社文書
  27. ^ 「八郎丸之郷百貫之内、定所務六十五貫四百文之分出置候、相残所者、速可奉納者也。仍如件。弘治二年五月十二日、香坂筑前守殿」『高野家文書』長野県上水内郡牟礼村(所収『山梨県史』資料編中世2、県外文書、長野県の部)
  28. ^ 『千野文書』による。
  29. ^ 『甲陽軍鑑(全20巻)』高坂昌信原著、春日惣次郎補訂、1656年明暦2年)刊。『甲陽軍鑑』の説によると1552年(天文21年)に信憲が誅されて断絶したことになるが、この起年には疑義が指摘されており、近年の研究では1557年弘治3年)説が正しいとされている。
  30. ^ a b c 甲斐国志松平定能編、江戸時代に編纂された甲斐国の総合地誌。『甲斐志料集成』『甲斐叢書』『大日本地誌大系』などに収録されている。
  31. ^ 富士勝山浅間社ともいう。
  32. ^ 『信州神川合戦の事(所収『信州上田軍記』)』
  33. ^ 『御侍中先祖書系圖牒』元祖 生国甲斐(現: 山梨県)乾加兵衛(1608年卒)より第十板垣退助(1837 - 1919)までの系図を収録
  34. ^ 『南路志』による。
  35. ^ 『四等士族上席年譜(巻1-イ-上)』土佐藩編纂
  36. ^ 『(加賀藩)諸士系譜』
  37. ^ a b 寛政重修諸家譜』、『諸星氏系譜』
  38. ^ 『(加賀藩)諸士系譜』
  39. ^ 幕末期の土佐藩士、乾正形(板垣退助)はこの系統の嫡流当主である。
  40. ^ 江戸時代初期の神道学者出雲路信直(板垣民部)や、幕末国学者出雲路定信はこの系統である。
  41. ^ 寛政重修諸家譜』によると旗本酒依氏は、板垣信方の二男板垣清三郎昌光の子酒依昌吉を初代とする。
  42. ^ 『静岡県姓氏家系大辞典』によると、静岡県賀茂郡河津町に、板垣隼人の子孫であるとする伝承を有する家がある。
  43. ^ 文政天保年間の上野国佐位郡下植木村名主・板垣彦七、板垣宅右衛門など、下って分家筋に板垣源四郎(初代伊勢崎市長、1940年昭和15年)就任)、直系に板垣栄作(伊勢崎市議会議長、1977年(昭和52年)就任)がいる。