メインメニューを開く

板川 正吾(いたがわ しょうご、1913年大正2年)7月9日[1] - 2004年平成16年)2月12日[1])は、日本の労働運動家、政治家衆議院議員

目次

経歴編集

栃木県で生まれる[1]東武鉄道本社自動車局業務課次長を務めた[2]。戦後、労働運動に加わり、東武交通労働組合中央執行委員長、東京労働金庫理事などを務めた[1][2]

1958年(昭和33年)5月、第28回衆議院議員総選挙埼玉県第四区から出馬して当選[1][2]。その後、第29回第30回第31回第33回第34回総選挙でも当選し、衆議院議員を通算六期務めた[1][2]。この間、衆議院物価問題等に関する特別委員長、日本私鉄労働組合総連顧問、日本社会党商工部長、同産業貿易政策委員長、同総合エネルギー対策事務局長、同独禁法対策事務局長、同中小企業基本政策副委員長、同院内役員、同埼玉県本部委員長、同本部常任顧問、埼玉県憲法擁護県民会議代表委員などを歴任し、埼玉県中小企業商工協会名誉会長となった[1][2]

新東京国際空港(現・成田国際空港)の一坪共有地の名義人の1人であった[3]

著作編集

  • 『官公需と建設業協同組合 : 建設業協同組合作り方の手引き』滴翠社、1978年。
  • 『日本経済とエネルギー問題 : 原子力発電はなぜ危険か』総合エネルギー研究所、1981年。
  • 『ソビエト・ロシアを見てきて』総合エネルギー研究所、1981年。
  • 『ソビエトと帝政ロシア』商工法律センター、1984年。
  • 『温故知新 : 戦後改革と東武労組』政治経済研究会正風会、1986年。
  • 『大手私鉄とホテル事業 : 21世紀は「ホテル時代」』商工センター、1988年。
  • 『孫子 : 名将の条件』日中出版、1992年。
  • 『書簡論文集』板川正吾、1994年。

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 『現代物故者事典 2003~2005』56頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』69頁。
  3. ^ 第065回国会 予算委員会 第7号”. 国会会議録検索システム. 国立国会図書館. 2019年2月4日閲覧。
  4. ^ 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年、46頁。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『現代物故者事典 2003~2005』日外アソシエーツ、2006年。