林 巨樹(はやし おおき、1924年4月26日 - 2012年1月8日)は、日本日本語学者青山学院大学名誉教授

人物編集

東京生まれ。東京大学文学部国語国文学科卒、青山学院大学助教授、教授、1985年定年退任、名誉教授、帝京大学教授。2000年春、勲三等瑞宝章受勲。2012年1月8日、脳梗塞のため死去。87歳没[1][2]

著書編集

単著編集

  • 要点・応用国文法 受験の友社 1955
  • 国文法の新研究 新興出版社啓林館 1963 2版
  • 国語の表記と表現 文化書房博文社 1967
  • 書簡作法 東京堂出版 1973
  • 近代文章研究 文章表現の諸想 明治書院 1976
  • 日本の言の葉 東京書籍 1979.3. 東書選書
  • 手紙文 速く、正しく手紙を書くために 大門出版 1980.5

共編著編集

  • 品詞別日本文法講座 全10巻 鈴木一彦共編 明治書院 1972-1973
  • 国語要説 池上秋彦西田直敏共著 桜楓社 1977.3
  • 国語史辞典 池上秋彦共編 東京堂出版 1979.9
  • 研究資料日本文法 全10巻 鈴木一彦共編 明治書院 1984-1985
  • 古語林 安藤千鶴子共編 大修館書店 1997.11
  • 大修館全訳古語辞典 安藤千鶴子共編 大修館書店 2001.11
  • 日本語文法がわかる事典 池上秋彦,安藤千鶴子共編 東京堂出版 2004.4

記念論集編集

  • 甲子論集 林巨樹先生華甲記念国語国文論集刊行会 1985.4
  • 林巨樹先生古稀記念甲戌論集 武蔵野書院 1996.6 

脚注編集

参考編集

  • 略年譜「甲子論集」