林平四郎

林 平四郎[1](はやし へいしろう、1857年12月26日安政4年11月11日[2][3]) - 1941年昭和16年)12月11日)は、日本の資産家[4]政治家貴族院議員(交友倶楽部[5]衆議院議員新政会[6]山口県会議員[7]、下関市会議員[7]、山口県多額納税[8]実業家。大津屋本店、春帆楼、生蝋醤油醸造業並料理旅館[8]。下関商工会議所会頭[9]。族籍は山口県平民[10][11]。第55代農林水産大臣林芳正の高祖父。

経歴編集

長門国下関(現・山口県下関市)で生まれた[12]。林太平の長男[10][11]。家業は醤油醸造及び植物性蛹油の製造業である[7]1883年家督を相続した[9][10]。大津屋と称し醤油醸造業を営み[11]、又生蝋製造業をも営む[13]。事業の改善拡張を図り、孜々として家運の隆興に努めた[7]。また防長教育会評議員、国勢調査委員となった[6]三等郵便局長心得を命ぜられた[6]

奥小路町会議員、下関市会議員、同市参事会員、山口県会議員を務め、常に地方自治の発達を図った[7]。1915年、衆議院議員に当選した[7]。党籍を無所属団に置いた[12]。貴族院議員に互選された[9]

関門汽船、朝鮮勧農各取締役[11]、下関商業会議所議員、同会頭、下関米穀取引所理事長[7]、下関瓦斯(山口合同ガスの前身)、下関倉庫、山陽電気軌道(サンデン交通の前身)、長州鉄道、長府土地各社長を務めた[9][14][15]

人物編集

貴族院多額納税者議員選挙の互選資格を有した[3]。宗教は真宗[8]

『大正人名辞典』で「林平四郎君は資産信望に於て下関市の実業家中に秀出す、其の人格識見卓絶し其言論亦最も有力なるは勿論にして、市内大小の事殆んど君が関係を待たざるはなく、社会の敬重する所たり」と紹介されている[13]

『商工資産信用録 第33回 中国四国版』によると「調査年月・1932年2月、正身身代・G、信用程度・Aa、職業・醤油醸造、種油製造」である[16]。住所は山口県下関市貴船町、同市関後地村[8]、同市本町5丁目[7][10][11]

年譜編集

  • 1857年(安政4年) - 下関の醤油醸造業大津屋の林太平の長男として生まれる。
  • 1884年明治17年) - 奥小路町会議員に当選[7]
  • 1889年(明治22年) - 赤間関(後の下関)市会議員選挙に当選。
  • 1915年大正4年) - 下関瓦斯を設立。衆議院議員に当選[7]
  • 1922年 - 地元下関の歴史的会場となった割烹旅館春帆楼の土地・建物・営業権を15万円で買収
  • 1924年(大正13年) - 山陽電気軌道を設立。日清講和談判記念碑を建立。
  • 1925年(大正14年) - 貴族院議員に選出。
  • 1939年(昭和14年) - 貴族院議員辞任。
  • 1941年(昭和16年)12月11日 - 85歳で死去。正五位を追贈。[17]

家族・親族編集

林家
  • 宗祖・平次郎[1] - 赤貧より身を起こす[1]。千金を蓄え米、の両業を開き、これをその子平二郎に譲る[1]
  • 父・太兵衛[1]、あるいは太平[11] - 三代目の太兵衛は米、質業を廃業し、更に油、木蝋、醤油業を開始する[1]1894年、64歳の頃没する[1]
  • 養兄・助之進(山口県多額納税者、大助商店、荒物商)[18]
  • 長男・長五郎大阪高工出身、病没[1]) - 『聖代偉績芳鑑』によると、「予備砲兵少尉で家に在り、また父の性を享けて謹厚克く父をたすけ、実に在郷軍人の模範である[7]」という。
  • 長女・トキ1888年 - ?)[9]
  • 養子・シセ1873年 - ?)[9]
    • トラ1909年 - ?、長男・長五郎の長女、養孫・佳介の妻)[9]
    • ハル1914年 - ?、長男・長五郎の二女)[9]
  • 養孫・佳介1900年 - 1987年、大津屋、醤油醸造業[14]、実業家、政治家・衆議院議員、孫・トラの夫[9]
  • 曾孫
    • 義郎1927年 - 2017年、通産官僚、政治家・衆議院議員) - 厚生大臣、大蔵大臣を歴任。
    • 孝介(大津屋会長)
  • 玄孫
    • 芳正(政治家・参議院議員、第55代農林水産大臣)
    • 俊作(大津屋社長)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『関門若倉精華 第1編』78頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年1月17閲覧。
  2. ^ 衆議院『第三十六回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1915年、23頁。
  3. ^ a b 『全国貴族院多額納税者議員互選人名総覧』105頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年5月1日閲覧。
  4. ^ 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』10頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年5月1日閲覧。
  5. ^ 『輝く憲政』10頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年11月20日閲覧。
  6. ^ a b c 『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』51頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年7月30日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k 『聖代偉績芳鑑』21 - 22頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月28日閲覧。
  8. ^ a b c d 『人事興信録 第11版 下』は135頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年6月3日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i 『人事興信録 第12版 下』ハ115頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月24日閲覧。
  10. ^ a b c d e 『人事興信録 第5版』は51頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年11月20日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第6版』は47頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年6月3日閲覧。
  12. ^ a b 『人物と其勢力』山口県之部23頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月29日閲覧。
  13. ^ a b 『大正人名辞典』1850頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月25日閲覧。
  14. ^ a b 『日本紳士録 第43版』山口ハ、ヒの部12頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月29日閲覧。
  15. ^ 日本経済新聞』2013年10月28日。
  16. ^ 『商工資産信用録 第33回 中国四国版』山口県は之部4頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年5月3日閲覧。
  17. ^ 「200年企業 成長と持続の条件(224)大津屋 醤油を原点に『温故創新』」『日本経済新聞』2013年10月28日。
  18. ^ 『人事興信録 第9版』ハ83 - 84頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年1月15日閲覧。

参考文献編集

  • 福田東作編『人物と其勢力』毎日通信社、1915年。
  • 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』時事新報社、1916年。
  • 東洋新報社編『大正人名辞典』東洋新報社、1917年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 聖代偉績芳鑑編纂局関西支部編『聖代偉績芳鑑』聖代偉績芳鑑編纂局関西支部、1919年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。
  • 磯野菊右エ門『関門若倉精華 第1編』改進社、1923年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 『商工資産信用録 第33回 中国四国版』商業興信所、1932年。
  • 『全国貴族院多額納税者議員互選人名総覧』銀行信託通信社出版部、1932年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』衆議院事務局、1936年。
  • 自由通信社編『輝く憲政』自由通信社、1937年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版 下』人事興信所、1937 - 1939年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第43版』交詢社、1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 下』人事興信所、1940年。