メインメニューを開く

林 美香(はやし みか、1970年4月1日 - )は、東京都出身の法学者神戸大学大学院国際協力研究科教授。専門は、国際法軍縮・軍備管理に関する国際条約を主な研究テーマとしている。兵庫県神戸市在住。

旧姓、「西村」。成蹊大学法学部教授、及び、明星大学造形芸術学部准教授の、「西村美香」はそれぞれ別人。

目次

略歴編集

二人姉妹の長女として東京都で生まれ、その後兵庫県芦屋市で高校時代までを過ごす。

神戸女学院高等学部2年在学中に経団連奨学生としてイタリアに渡る。京都大学法学部4年生在学中に外務公務員上級試験に合格し卒業後、外務省に入省。フランス及び本省での勤務を経て退官。その後、フリ-通訳として生計を立てながら研究職の道へ転身。

所属学会編集

国際法学会・世界法学会・国際人権法学会・国際関係論研究会・ISA

主な論文編集

  • 化学兵器禁止条約の権利義務構造:履行確保の観点からのレジームの考察」(『国際関係論研究』17、2001年)p1-33.
  • “Constraints on Sovereignty in the Chemical Weapons Convention from the Perspective of International Law,” in Howard M. Hensel, ed., Sovereignty and the Global Community: The Quest for Order in the International System. Ashgate, 2004, pp. 55-82.
  • “The Japanese Law Concerning the Special Measures on Humanitarian and Reconstruction Assistance in Iraq: Translator's Introduction.” Pacific Rim Law and Policy Journal 13 (2004): 579-609.
  • “Principle of Civilian Protection and Contemporary Armed Conflict,” in Howard M. Hensel, ed., The Law of Armed Conflict: Constraints on the Contemporary Use of Military Force. Ashgate, 2005, pp. 105-29.

外部リンク編集