林 翔(はやし しょう、1914年1月24日 - 2009年11月9日)は、日本俳人

人物編集

長野県長野市生まれ。生後10ヶ月で母と死別し、5歳まで祖母に養われる。國學院大學を卒業。大学在学中に能村登四郎と知り合い、登四郎とともに短歌雑誌「装填」の同人となるが、同誌の廃刊後ともに俳句に転じた。1939年から1982年まで旧制私立市川中学(現・市川高等学校)に勤務。1940年、水原秋櫻子の「馬酔木」に入門、1950年、登四郎とともに「馬酔木」同人となる。1970年、登四郎が「」を創刊し、その編集長を務め、1983年より副主宰。2001年に登四郎が息子の能村研三に主宰を譲ってのちは同誌の最高顧問となった。

句集に『和紙』『寸前』『石笛』『幻化』『春菩薩』『あるがまま』『光年』など。1971年『和紙』で第10回俳人協会賞、2005年『光年』で第20回詩歌文学館賞受賞。俳人協会顧問も務めた。2009年11月9日、膵臓癌により死去。95歳。

参考文献編集

  • 林翔 『光年』 ふらんす堂、2004年

関連文献編集

  • 『林翔の一〇〇句を読む』 飯塚書店、2011年

外部リンク編集