枚方つーしん(ひらかたつーしん)は、株式会社morondoが運営する地域情報ポータルサイト。略称は「ひらつー」。大阪府枚方市とその周辺地域に特化したグルメやニュース、店舗の開店・閉店情報といった、地元の話題を発信している[3][4]。ブログ形式のサイトは写真を多用し、「枚方市民同士で共感できるような雑談感覚の話題を散歩気分で味わえる」のが特徴[5][6]。2018年9月のアクセス数は月間443万ページビューである。

枚方つーしん
URL http://www.hira2.jp/
タイプ ポータルサイト
運営者 株式会社morondo
設立者 本田一馬
収益 広告料など
スローガン 枚方市民にしか分からん雑談ネタをもりもりと!
営利性 営利
登録 不要
株式会社morondo
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 日本の旗 日本
573-0057
大阪府枚方市堤町10-24
枚方宿鍵屋別館5階
設立 2008年11月18日
業種 情報・通信業
法人番号 2120001153477
事業内容 枚方つーしんの運営[1]
代表者 原田一博(代表取締役)
資本金 500万円
発行済株式総数 100株[1]
純利益 ▲1841万1687円(2020年03月31日時点)[2]
総資産 1677万8456円(2020年03月31日時点)[2]
決算期 3月末
主要株主 INCLUSIVE(株) 100%[1]
外部リンク http://www.morondo.co.jp/
テンプレートを表示

背景編集

小学1年から枚方市に住む編集長の本田一馬[7] は、インターネット普及期にあたる学生の頃からリアルな地元情報を扱うサイトが出現することを期待していた[8][9]。しかし、ネット人口の拡大に伴い情報量が増大しても、枚方市でそのようなサイトが現れる気配はなく、インターネット上で地元情報は散在したままの状態であった[10]。そのような状況を見て、自身がお笑いをしていた経験を活かし、2008年に立ち上げたのが「枚方つーしん」である。

概要編集

「枚方つーしん」は、記事の面白さにこだわりがあるとされる[6][10]。主なコンテンツは以下。

  • 開店・閉店情報 - 町を歩いていて気付くお店の開店・閉店情報について、現地の写真を用いて紹介する人気のコーナー。閉店情報には読者や関係者の間で思い出の共有が起こることもある[6]
  • グルメ - 枚方市内にある飲食店に訪問してグルメ情報を紹介するコーナー。
  • お店みせて - 「近所の入りにくいお店の中を知る」というコンセプトの元、写真付きで店舗の中を紹介するコーナー[6]
  • ヒトファイル - 枚方に住む一般人が登場するコーナー。
  • 話題 - 「○○に有名人が来た」「公園の池にヌートリアがいた」というような雑談のような話題を扱っているコーナー[5]
  • フォト - 四季や日常風景の小さな変化などを伝えるコーナー。読者が撮影した画像を投稿することもできる。
  • まち - 開店・閉店以外の街の変化を扱うコーナー。
  • 何の日 - 歴史など過去に起きた出来事などを紹介するコーナー[11]
  • 不動産 - 枚方の不動産情報を扱っているコーナー。
  • 求人 - 求人情報を扱っているコーナー。

沿革編集

  • 2008年2月 - サイトを開設。
  • 2010年5月 - 現在の運営会社による営利目的のサイトとして発足。
  • 2012年2月 - アクセス数が月間50万ページビューを突破。
  • 2013年9月 - アクセス数が月間100万ページビューを突破。
  • 2015年5月 - アクセス数が月間150万ページビューを突破。
  • 2016年1月 - コワーキングスペース「ひらば事業]の運営開始。
  • 2016年3月 - アクセス数が月間200万ページビューを突破。
  • 2016年5月 - アクセス数が月間250万ページビューを突破。
  • 2018年3月 - アクセス数が月間300万ページビューを突破。
  • 2018年7月 - アクセス数が月間350万ページビューを突破。
  • 2018年9月 - アクセス数が月間400万ページビューを突破。
  • 2018年10月 - コワーキングスペース「ひらば事業」を WEBDAデザイン へ譲渡
  • 2020年4月 - 運営会社である株式会社morondoが、INCLUSIVE株式会社の完全子会社となる[1]

メディアでの紹介編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 株式会社 morondo の株式取得(子会社化)に関するお知らせ INCLUSIVE 2020年4月17日
  2. ^ a b 株式会社morondo 第12期決算公告
  3. ^ 角川マガジンズ『枚方Walker 2013-2014年版』pp.15,100-101。
  4. ^ カズマ@ひらつーのマニアックニュース (PDF) 枚方を再発見する新感覚フリーペーパー「OP+」Vol.2 2013年7月29日閲覧
  5. ^ a b 「広報ひらかた」平成23年8月号、p.50
  6. ^ a b c d “元お笑い芸人が発信する地元情報サイト「ひらつー」が面白い”. エキサイトニュース. (2013年6月27日). https://www.excite.co.jp/news/article/E1371777380526/ 2013年7月12日閲覧。 
  7. ^ 1980年生まれ、立命館大学政策科学部卒業。元お笑い芸人であり、現ウーマンラッシュアワー村本大輔と「村本・本田」というコンビを組み、2003年度M-1グランプリ準決勝に進出したこともある。
  8. ^ KADOKAWA『枚方Walker 2014-2015年版』p.105
  9. ^ “超ローカルな話題満載 情報サイト「枚方つーしん」”. 大阪日日新聞. (2014年6月11日). http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/140611/20140611024.html 2014年7月15日閲覧。 [リンク切れ]
  10. ^ a b “「枚方つーしん」マニアックな地元愛 編集長は元芸人”. 朝日新聞. (2013年12月25日). http://www.asahi.com/articles/ASF0OSK201312240145.html 2014年6月8日閲覧。 
  11. ^ カズマ@ひらつーのマニアックニュース (PDF) - 枚方を再発見する新感覚フリーペーパー「OP+」Vol.4 2013年7月29日閲覧

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集