果てしなき情熱』(はてしなきじょうねつ)は、1949年9月27日に公開された日本映画新東宝・新世紀プロ提携、東宝配給。モノクロスタンダード、検閲認証番号:10608。

果てしなき情熱
監督 市川崑
脚本 和田夏十
製作 井内久
出演者 堀雄二月丘千秋笠置シヅ子
音楽 服部良一
撮影 小原譲治
配給 東宝
公開 日本の旗 1949年9月27日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

解説 編集

服部良一の楽曲が全編を彩る昭和歌謡映画。「雨のブルース」「蘇州夜曲」「湖畔の宿」「夜のプラットホーム」「私のトランペット」「セコハン娘」「ブギウギ娘」が挿入歌として使用されているが、冒頭に「服部良一の半生記ではない」という但し書きが表示される。新東宝としては、服部良一の自叙伝をベースにしつつ、服部本人の希望もあって、彼自身の半生をそのまま映画化するのではなく、彼をモデルとした一人の作曲家の生き方をオリジナルの脚本でやるという企画意図があり、服部が作曲したヒット曲を劇中で数多く使うことも映画化の条件となっていた。監督を担当した市川崑は、初めて自分らしい作品にぶつかったと感じ、撮影の小原譲治や照明の藤林甲の賛同協力もあって、当時流行のパンフォーカスなどの新しい撮影技法を試みる実験的な撮影を行ったが、完成試写の段階になって失敗作になると直感し、映画が公開されると周囲からも酷評ばかりだったが、唯一、事前検閲審査を行うGHQの日系二世だった検閲官だけは絶賛してくれたという。また妻の和田夏十も「こんなことで駄目になるんだったら、あんたは本物の監督じゃない。若いんだからいいじゃないか」と励ましたという[1]

あらすじ 編集

スタッフ 編集

キャスト 編集

脚注 編集

参考文献 編集

  • 市川崑、森遊机『完本 市川崑の映画たち』洋泉社、2015年11月。ISBN 978-4800307927 

外部リンク 編集