清川虹子

日本の喜劇女優(1912-2002)
画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2018年9月

清川 虹子(きよかわ にじこ、1912年大正元年〉11月24日 - 2002年平成14年〉5月24日)は、日本の喜劇女優。本名:関口 はな。千葉県東葛飾郡松戸町(現:松戸市)出身[1]。淡路尋常小學校卒業、神田高等女學校中退。

きよかわ にじこ
清川 虹子
本名 関口 はな
生年月日 (1912-11-24) 1912年11月24日
没年月日 (2002-05-24) 2002年5月24日(89歳没)
出生地 日本の旗 日本千葉県東葛飾郡松戸町(現:松戸市
死没地 日本の旗 日本神奈川県川崎市高津区
職業 女優
ジャンル 舞台・テレビドラマ・映画
配偶者 中条金之助(1929年 ‐ ?)
大沢清治(1942年 ‐ 1947年)
伴淳三郎(1952年 ‐ 1959年)
主な作品
テレビドラマ
北条時宗
映画
母情
女侠一代
女親分 喧嘩渡世

アテレコ
平成狸合戦ぽんぽこ
バラエティー番組など
ライオンのいただきます
受賞
勲四等瑞宝章(1990年)
テンプレートを表示

人物・略歴編集

1924年東京府東京市神田区の尋常小學校を卒業。

神田高等女學校を中退。

1928年川上貞奴主宰の児童劇団へ入団し、貞奴最後の弟子となる。

1929年市民座へ入り、座員の中条金之助と結婚(1男を儲けるが、のちに離婚)。

1929年山村聡主宰の新劇へ移籍。

1933年笑の王国に参加。

1934年東宝製作の『只野凡児・人生勉強』でスクリーンデビュー。

1942年、東宝社長の大沢善夫の弟である大沢清治と結婚して芸能界を引退したが、1947年に死別。芸能界に復帰し、『サザエさん』シリーズに磯野フネ(舟)役でレギュラー出演した。

1952年新東宝などの喜劇作品で多数共演した伴淳三郎と結婚したが、あまりの女癖の悪さが原因で1959年に離婚(但し、交流は伴の死まで続いた)。

1960年代後半からは藤純子主演の『緋牡丹博徒シリーズ』、若山富三郎主演の『極道シリーズ』などに助演し、東映の仁侠映画を支えた。

1983年、『楢山節考』に出演。70歳にして初ヌードを披露した。

榎本健一や伴らと並ぶ喜劇役者として大成し、喜劇女優の代表格とされた。

1987年芸団協芸能功労者として表彰された。

1989年友部達夫年金党に参加。第15回参議院議員通常選挙比例代表に出馬したものの落選(選挙運動での桃太郎のコスプレが話題となったほか、オレンジ共済組合事件発覚時は「騙された!」と号泣していた)。

1998年頃から体調を崩して入退院を繰り返していたが、2002年5月24日午前3時37分、肺出血のため神奈川県川崎市高津区の病院で死去。満89歳没(享年91)。

サザエさん』シリーズで共演していた歌手・女優の江利チエミとは公私にわたり親交があり、芸能界デビュー前に実母を亡くしていたチエミからは「お母さん」と呼ばれて実母のように慕われていた。だが、1982年2月にチエミが45歳の若さで急病死し、清川は大きなショックを受けたようで「チーちゃん(チエミの愛称)、ウソでしょう…」と泣き崩れていた。

主な出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

バラエティー編集

他多数

CM編集

著書編集

  • 恋して泣いて芝居して(主婦の友社、1983年)
  • みんな寂しいの だから笑って(佼成出版社、1987年)
  • 役者馬鹿 女の一笑 女の自叙伝(婦人画報社、1988年)
  • みんな死んじゃった(双葉社、1999年)

レコード編集

  • 運ちゃんのサバドビア(中沢信一[3]とデュエット。1970年)

栄典編集

1990年 - 勲四等瑞宝章受章[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 喜劇女優、清川虹子さん死去”. ZAKZAK. 2010年5月11日閲覧。(松本町は松戸町の誤植)。
  2. ^ 東宝特撮映画全史 1983, pp. 535–537, 「主要特撮作品配役リスト」
  3. ^ 鈴木邦彦とハワイアンバンドを組んでいた経歴を持つ現役タクシー運転手(当時)
  4. ^ 「秋の叙勲 「道一筋」輝く 落語の春風亭柳昇師匠と女優の清川虹子さん」『読売新聞』1990年11月3日朝刊

参考文献編集

  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 

外部リンク編集