柄本弾

日本のバレエダンサー

柄本 弾(つかもと だん、1989年9月26日 - )は、日本の京都府出身のバレエダンサー[1][2]2008年東京バレエ団に入団し、以後重要な役どころを多く踊った[1]2013年、同バレエ団のプリンシパルに昇格[1]

つかもと だん

柄本 弾
生誕 (1989-09-26) 1989年9月26日(34歳)
日本の旗 日本 京都府
職業 バレエダンサー
テンプレートを表示

経歴 編集

京都府京都市の出身[2]バレエを始めたのは5歳のときである[1][2]

2008年に東京バレエ団に入団し、以後『ラ・シルフィード』、『ザ・カブキ』などの主役を含め、重要な役どころを多く踊った[1][2][2]2012年には『ザ・カブキ』のパリ・オペラ座公演で主役の青年・由良之助を踊った[1]

2013年、同バレエ団のプリンシパルに昇格[1][2]。日本人の男性ダンサーとして、モーリス・ベジャールの代表作『ボレロ』を踊ることを許された唯一の存在である[1]。レパートリーは、古典バレエの諸作品からベジャール、フォーサイスキリアンなどの近現代の作品まで幅広い[1][2]。身長は184センチメートル[1]

出演 編集

バラエティ・情報番組 ほか 編集

語学番組 編集

脚注 編集

  1. ^ a b c d e f g h i j バレエダンサー 柄本弾”. nadeshicopro. 2020年1月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 柄本 弾”. 東京バレエ団. 2020年1月25日閲覧。

外部リンク 編集