メインメニューを開く
バス停

柳川市コミュニティバス(やながわしコミュニティバス)は、福岡県柳川市にて運行しているコミュニティバスである。「べにばな号」の愛称が付けられている。

2004年4月から柳川市内の西鉄天神大牟田線西鉄バス堀川バス沿線外の公共交通空白地域の解消を目的として運行されている。使用料(運賃)は小学生以上が1回利用につき100円、未就学児は無料。回数券(11枚綴りで10回分)がある。道路運送法第79条の規定に基づく自家用自動車(白ナンバー車)による有償運送であるが、運行業務はバス会社に、車両の管理業務は柳川市社会福祉協議会に委託されている。路線ごとに曜日を限定して運行し、日曜日・年末年始(12月29日から1月3日まで)は全路線とも運休する。

沿革編集

2004年4月に(旧)柳川市が利用対象を高齢者(当初は65歳以上、のちに60歳以上に引き下げ)および身体障がい者に限定して運行開始した「柳川市福祉巡回バス」が前身で、2005年に(旧)柳川市が三橋町大和町と合併して(新)柳川市となった際に継承された。2006年10月1日に堀川バスが柳川市内の路線の大半を廃止した際に代替交通とするためダイヤ改正・路線再編が行われ、同時に「福祉巡回バス」の名称を継続しながら利用制限が撤廃され、誰でも乗車可能となった。

(旧)柳川市から継承したため旧三橋町・旧大和町域では運行されていなかったことでの地域格差を解消することを目的に、2011年からは旧三橋町域および旧大和町域でも試験的に運行を開始した。

旧三橋町域・旧大和町域の路線は運行開始当初より「コミュニティバス」と称したが、2012年度から旧柳川市域の路線も「福祉巡回バス」から「コミュニティバス」に名称変更している[1]

年表編集

  • 2004年4月1日 - 福祉巡回バス「べにばな号」試験運行開始。蒲池(東・西)、昭代(北・南)、両開(北・南)の3路線6ルート。利用対象は高齢者(65歳以上、のちに60歳以上に引き下げ)・障害者等に限定。[2]
  • 2006年10月1日 - 堀川バスの市内路線廃止に伴いダイヤ改正[3][4]
    • 両開線は路線を北・南ルートから堀川バスの廃止区間(改善センター前 - 中六十丁公民館)を取り込み[5]東・西ルートに、運行曜日を月曜から土曜に変更。
    • 蒲池線、昭代線は運行曜日を週2日 → 週3日に増加、運行日の運行本数は4本 → 3本に減便。
    • 全路線で利用制限を撤廃。
  • 2007年4月2日 - ダイヤ改正。
    • 保養センター(蒲池線・昭代線のみ)、市民温水プール、柳川リハビリテーション病院に停車[6]
    • 昭代線を1ルートに統合[5]
  • 2010年4月 - 運行業務委託先を昭和タクシーから柳城観光に変更。
  • 2011年11月1日 - ダイヤ改正[7]
    • 大和・三橋ルート運行開始。
    • 蒲池線・昭代線に停留所を増設(これまで通過していた旧三橋町域など)。
  • 2013年4月 - 運行業務委託先を柳川観光バスに変更。

路線編集

 
福祉巡回バスの路線図(2009年3月時点)

以下の路線がある。いずれも矢印方向のみの循環路線で、中心市街地にある市役所柳川庁舎、柳川病院、柳川ショッピングモール(西鉄柳川駅前)などと各地区を結ぶ。

蒲池線編集

蒲池東部(ひがしルート)
水の郷 → 保養センター → リハビリテーション病院 → 温水プール → 柳川市役所(柳川庁舎) → あめんぼセンター前 → 柳川ショッピングモール → 京町商店街 → 柳川病院 → 蒲池農村環境改善センター → 蒲池農協前 → 下田町 → 蒲池・立石団地 → 立石北 → 本園公民館 → 蒲生公民館 → 井出公民館 → 中牟田公民館 → 立石南 → 北矢加部 → 町矢加部 → 南矢ケ部 → 橋本公民館前 → 柳川病院 → 京町商店街 → 柳川ショッピングモール → あめんぼセンター前 → 柳川市役所(柳川庁舎) → 温水プール → リハビリテーション病院 → 保養センター → 水の郷
蒲池西部(にしルート)
水の郷 → 保養センター → リハビリテーション病院 → 温水プール → 柳川市役所(柳川庁舎) → あめんぼセンター前 → 柳川ショッピングモール → 京町商店街 → 柳川病院 → 輝泉荘前 → 鹿島 → 北本村 → 中村 → 野田公民館 → JA根葉倉庫前 → 根葉 → 中古賀公民館前 → 荻島公民館 → 京手団地 → 鹿島 → 輝泉荘前 → 柳川病院 → 京町商店街 → 柳川ショッピングモール → あめんぼセンター前 → 柳川市役所(柳川庁舎) → 温水プール → リハビリテーション病院 → 保養センター → 水の郷

市北部の蒲池地区を循環する路線。2ルートがあり、どちらも月・水・金曜日のみ3本ずつ運行。

昭代線編集

昭代ルート
水の郷 → 保養センター → リハビリテーション病院 → 温水プール → 柳川市役所(柳川庁舎) → あめんぼセンター前 → 柳川ショッピングモール → 京町商店街 → 柳川病院 → 古賀公民館前 → 浜武漁協前 → 崩道公民館 → 吉原南 → 八ツ家南 → 七ツ家南 → 大沢集会所 → 野村公民館 → 七ツ家北 → 八ツ家北 → 吉原公民館 → 中野公民館 → 浜武公民館 → 長藤 → 田脇 → マミーズ → 宮下 → 宮上 → 北沖田 → 諸藤公民館 → 柳川病院 → 京町商店街 → 柳川ショッピングモール → あめんぼセンター前 → 柳川市役所(柳川庁舎) → 温水プール → リハビリテーション病院 → 保養センター → 水の郷

市北西部の筑後川沖端川の間の地区を循環する路線。火・木・土曜日のみ4本運行。

両開線編集

両開東部(ひがしルート)
水の郷 → 保養センター → 温水プール → リハビリテーション病院 → 改善センター前 → 下宮永 → 対米公民館 → 柳光園 → 猟町古川公民館 → 四丁開公民館 → 番所 → 四平 → 城戸 → 東ノ切東 → 東ノ切西 → くろだ整形クリニック → 中六十丁公民館 → 中ノ切 → まほろばセンター → 豊後屋 → 上八丁 → 中開 → 中開四ツ角 → 柳南中入口 → 長田病院 → 下宮永 → 改善センター前 → スーパーマルマツ → 水の郷 → 保養センター → リハビリテーション病院 → 温水プール → 柳川市役所(柳川庁舎) → あめんぼセンター前 → 柳川ショッピングモール → 京町商店街 → 柳川病院 → 水の郷
両開西部(にしルート)
水の郷 → 保養センター → 温水プール → リハビリテーション病院 → スーパーマルマツ → 改善センター前 → 下宮永 → 長田病院 → 柳南中入口 → 中開四ツ角 → 中開 → 上八丁 → 豊後屋 → まほろばセンター → 中ノ切 → 中六十丁公民館 → 東六十丁 → くろだ整形クリニック → 西ノ切東 → 西ノ切西公民館 → 村山・西ノ切西 → 明治 → 西六十丁 → 寿硯 → 外開 → 矢留開 → 吉富・矢留団地 → うぶすな館 → 水の郷 → 保養センター → リハビリテーション病院 → 温水プール → 柳川市役所(柳川庁舎) → あめんぼセンター前 → 柳川ショッピングモール → 京町商店街 → 柳川病院 → 水の郷

市南西部の沖端川と塩塚川の間の地区を循環する路線。2ルートがあり、どちらも日曜日を除く毎日3本ずつ運行。

大和線編集

大和南部(みなみルート)
柳川市役所(柳川庁舎) → 柳川病院 → 柳川ショッピングモール → 江曲 → 今古賀 → 徳益 → 四十丁公民館前 → 野田 → 下塩塚 → 大和庁舎 → 大和公民館 → 皿垣 → 政屋 → 宇土公民館 → 上土居 → 荒開西 → 弁天 → 甲木 → 三五平 → 南二重 → 上ケ地 → 江島 → 漁村センター前 → 南二重北 → 西二重公民館 → 旧北二重公民館 → 中島小学校前 → 中島商店街 → マミーズ中島店 → アスタラビスタ → 大和庁舎 → 大和公民館 → 下塩塚 → 野田 → 四十丁公民館前 → 徳益 → 今古賀 → 江曲 → 柳川市役所(柳川庁舎) → 柳川病院 → 柳川ショッピングモール → 柳川市役所(柳川庁舎)
大和北部(きたルート)
柳川市役所(柳川庁舎) → 柳川病院 → 柳川ショッピングモール → 今古賀(ベスト電器) → 徳益団地 → 御仮橋 → 四十丁樋公民館 → 明古 → 明野漁村公園 → 中開 → 番所 → 南開 → 南野 → 大和公民館 → 大和庁舎 → 上塩塚 → 下棚町 → 中棚町 → 六合(学童保育所) → 鷹尾(因福寺) → 島 → 中島商店街 → マミーズ中島店 → アスタラビスタ → 大和庁舎 → 大和公民館 → 南野 → 南開 → 番所 → 中開 → 明野漁村公園 → 明古 → 四十丁樋公民館 → 御仮橋 → 徳益団地 → 柳川ショッピングモール → 柳川病院 → 柳川市役所(柳川庁舎)

旧大和町を循環する路線。みなみルートは月・木曜日、きたルートは火・金曜日にそれぞれ4本運行。

三橋線編集

三橋ルート
柳川市役所(柳川庁舎) → 柳川病院 → 柳川ショッピングモール → 高畑 → 磯鳥 → 蒲船津 → 正行 → サンブリッジ → 三橋庁舎 → 百町(構造改善センター) → 木元 → 起田 → 吉開(コミュニティセンター) → 新村 → 中山(株式会社ヤスナガ前) → 中山公民館 → 中山散田 → 五拾町 → 棚町 → 水町 → 棚町沖田 → 垂見(構造改善センター) → Aコープ → 三橋庁舎 → サンブリッジ → 正行 → 蒲船津 → 磯鳥 → 高畑 → 柳川ショッピングモール → 柳川病院 → 柳川市役所(柳川庁舎)

旧三橋町を循環する路線。水・土曜日に4本運行。

車両編集

15人乗りのトヨタ・ハイエースを使用している。赤色地の車両と白色地の車両があり、各車に「べにばな*号」の愛称が付けられている。

年間利用人員編集

年度 利用人員 備考
2006年度 8,742人 10月1日より両開線ダイヤ改正、利用制限撤廃
2007年度 13,858人  
2008年度 16,631人  
2009年度 17,145人  
2010年度 17,696人  
2011年度 19,094人 11月1日より大和線、三橋線運行開始
2012年度 18,123人  

出典:柳川市コミュニティバスについて (PDF) - 平成25年度第3回柳川市外部評価委員会会議資料、2013年5月16日

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集