メインメニューを開く

柳川 調興(やながわ しげおき、慶長8年(1603年) - 貞享元年10月1日1684年11月7日))は、江戸時代初期の武士対馬藩家老。玄蕃頭、豊前守を名乗り、号は式山、梅軒、素庵。

生涯編集

慶長8年(1603年)、対馬藩家老・柳川智永(としなが)の子として誕生。

柳川氏は、祖父の柳川調信は元・商人といわれており、宗氏一族の津奈調親への仕官を経て、第17代当主・宗義調に仕えた。その交渉能力から重臣となり、特に豊臣秀吉九州征伐や、文禄・慶長の役での朝鮮との折衝にあたった。そのため、秀吉から宗氏へ九州本土に与えられた領地1万石(初め薩摩、後に島津氏へ配慮し肥前へ交換)のうちから1千石を知行地とした。以降、柳川氏は対朝鮮外交の実務を担い、江戸幕府からも重視され、幕閣本多正純の介入でさらに1千石が加増された。このような中で、調興は江戸で生まれ育ち、慶長18年(1613年)に幼くして家督を相続。徳川家康秀忠小姓に任ぜられるなど、幕府直臣であるかのような待遇にあり、自身もその意を強くしていた。

その後、藩主・宗義成と対立し、直臣の旗本となることを画策する。所領2000石での旗本を目指す調興に対して、そのうち1000石はあくまでも対馬藩領とする義成との対立は激化し、正室である義成の妹を離縁、寛永8年(1631年)には幕府に訴え出るもおさまらず、寛永10年(1633年)に対馬藩の国書改竄を幕府に直訴した(柳川一件)。

ところが寛永12年(1635年)、第3代将軍徳川家光による裁定の結果、調興は敗訴し流罪を命じられ弘前藩預かりとなる。老中土井利勝の配慮で、家臣7名の供を許され、弘前城南西に広大な屋敷を与えられた。一流の文化人として藩主津軽信政の敬意を受け賓客として遇され、以後半世紀近くを津軽の地で過ごした。延宝2年(1674年)には、城内に設けられた能舞台の初演に、舞台正面で藩主津軽信政、黒石津軽信敏らと同席して観覧していることから、その待遇が続いたことが見て取れる。

貞享元年(1684年)、死去。墓所は弘前の長勝寺。

参考文献編集

  • 田代和生『書き替えられた国書』中央公論新社、1983年
  • 『厳原町史』厳原町誌編集委員会、1997年

外部リンク編集