柳沢 保経(やなぎさわ やすつね、宝永3年7月26日1706年9月2日) - 宝暦10年6月6日1760年7月18日))は、越後三日市藩の2代藩主。側用人として有名な柳沢吉保の七男。母は側室上月氏。子は柳沢信著(長男)、柳沢信始(次男)、娘(米倉昌晴正室)、娘(日野資直室)。官位は従五位下、弾正少弼。通称は頼母、図書。宝永7年(1710年)6月22日生まれとする説もある。

享保9年(1724年)、隠居した兄・時睦の跡を継いで三日市藩主に就任する。時睦は松平姓の名乗りを許されていたが、一代限りという約定であったので、保経は元文元年(1736年)に改めて柳沢姓を称す。江戸城警備、大坂駿府加番、日光祭礼奉行などを歴任した。宝暦10年(1760年)に死去し、跡を長男の信著が継いだ。