メインメニューを開く

米倉 昌晴(よねくら まさはる)は、江戸時代中期の大名武蔵国金沢藩の第3代藩主江戸幕府若年寄を務めた。六浦藩米倉家6代。

 
米倉昌晴
時代 江戸時代中期
生誕 享保13年4月22日1728年5月30日
死没 天明5年12月20日1786年1月19日
改名 長之助(幼名)→昌晴
戒名 政運道香義徳院大居士
墓所 東京都渋谷区の長谷寺
官位 従五位下丹後守
幕府 江戸幕府 若年寄
主君 徳川家重家治
武蔵金沢藩
氏族 米倉氏
父母 父:米倉昌倫、母:堀田氏娘
養父:米倉里矩
兄弟 男子、昌晴
正室柳沢保経の娘・瑞泉院
継室島津久芳の娘
側室:田中氏の娘
昌賢(次男)、三男、晴光戸田光知、七男、本多忠福遠山景祥正室(後米倉昌喜正室)、今大路正庸室、ほか娘三人
テンプレートを表示

略歴編集

享保13年(1728年)4月22日、分家で3000石の旗本である米倉昌倫次男として誕生寛延2年(1749年)、第2代主・里矩が子無くして早世したため、その養子となって跡を継いだ[1]。同年5月に第9代将軍・徳川家重御目見し、12月に叙任する。

明和元年(1764年)8月に大番頭となり、安永5年(1776年)1月に奏者番、同年4月に日光祭礼奉行、安永6年(1777年)4月に若年寄など、要職を歴任した。しかし天明4年(1784年)4月、同じ若年寄である田沼意知が暗殺されると、罪を得て[2]連座により謹慎処分となった。同年5月に許されて西の丸御付となる。

天明5年(1786年)、病を得て若年寄を辞任しようとしたが、許されずに在職中のまま死去した。享年58。

跡を次男・昌賢が継いだ。

脚注編集

  1. ^ なお、実父・昌倫は長田重賢五男であり、皆川藩初代藩主・米倉昌尹次男昌仲の養子になった。
  2. ^ 理由は不明。

関連作品編集