メインメニューを開く

柳沢 信著(やなぎさわ のぶあき、延享4年11月11日1747年12月12日) - 天明2年3月10日1782年4月22日))は、越後三日市藩の3代藩主。2代藩主・柳沢保経の長男。正室は柳沢信昌(柳沢吉里の五男)の娘(柳沢信鴻の養女)。官位は従五位下、式部少輔。幼名は頼母。

宝暦10年(1760年)、父の死により家督を相続した。信著からは柳沢姓を称した。天明2年(1782年)に死去した。子がなかったため、養子の里之に跡を継がせた。