柳沢 信孝(やなぎさわ のぶたか)は、江戸時代中期旗本通称は武次郎、のち兵庫、八郎右衛門、右近。

 
柳沢信孝
時代 江戸時代中期
生誕 元禄4年(1691年
死没 元文4年2月16日1739年3月25日
別名 武次郎、兵庫、八郎右衛門、右近(通称
戒名 信孝
墓所 東京都新宿区市谷河田町正覚山月桂寺
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川吉宗
氏族 柳沢氏
父母 柳沢信尹、横山刑部左衛門娘
兄弟 信孝酒井忠道赤井盤公養女、
大久保忠香養女、川窪信安養女、
柳沢信孝養女、山高信蔵室、神保定興室ら7男9女
浅野長恒娘、岡部定長
小宮山昌雄室ら
信武柳沢信尹
テンプレートを表示

柳沢信尹の長男。母は横山刑部左衛門の娘。子に娘(小宮山昌雄の妻)らがいる。先妻は浅野長恒の娘。後妻は岡部定長の娘。

男子がみな早世したため、致仕後に養子の信武が家督を継いだ。

年表編集

※日付は旧暦

参考文献編集