メインメニューを開く
ツムラ柴胡加竜骨牡蛎湯エキス顆粒(医療用)
ツムラ柴胡加竜骨牡蛎湯エキス顆粒(医療用)

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)は、漢方薬方剤の一つ。

目次

概要編集

鎮静安定作用を持つ和解剤の一つ[1][2]

類似に桂枝加竜骨牡蛎湯虚証で用いる)がある。

適応編集

実証~中間証(体力が中程度以上)の者の高血圧小児夜啼症不眠ヒステリー神経衰弱症、神経性心悸亢進症、陰萎動脈硬化症慢性腎臓病などに用いられる[3]

組成編集

柴胡(さいこ)、半夏(はんげ)、桂皮(けいひ)、茯苓(ぶくりょう)、黄岑(おうごん)、大棗(たいそう)、人蔘(にんじん)、牡蛎(ぼれい)、竜骨(りゅうこつ)、生姜(しょうきょう)、大黄(だいおう)[4]

原典である傷寒論には鉛丹も加味されているが、鉛丹(Pb3O4)は毒性があるために現在は除かれている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 高山貞夫 (2014年7月12日). “和解剤 (PDF)”. 中医方剤薬効分類 03. たかやま健生堂薬局. 2014年9月5日閲覧。
  2. ^ 高山貞夫 (2014年7月12日). “中医方剤解説 64 (PDF)”. 中医方剤解説. たかやま健生堂薬局. 2014年9月21日閲覧。
  3. ^ ツムラ柴胡加竜骨牡蛎湯(医療用)
  4. ^ 大黄は下痢作用があるため、これを考慮して加えない漢方製剤もある。

参考文献編集

関連項目編集