柴胡加竜骨牡蛎湯

漢方薬方剤の一つ

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)は、漢方薬方剤の一つ。病院で処方される医療用医薬品と薬局等で購入できる一般用医薬品がある。

ツムラ柴胡加竜骨牡蛎湯エキス顆粒(医療用)
ツムラ柴胡加竜骨牡蛎湯エキス顆粒(医療用)

概要編集

気持ちを落ち着かせる鎮静安定作用がある[1]

類似に桂枝加竜骨牡蛎湯虚証で用いる)がある。

適応編集

実証~中間証(体力が中程度以上)の者の精神不安があって高血圧の症状(動悸、不安)、不眠ヒステリー神経衰弱症、神経性心悸亢進症、便秘、小児夜泣きなどに用いられる[2]

組成編集

柴胡(さいこ)、半夏(はんげ)、桂皮(けいひ)、茯苓(ぶくりょう)、黄岑(おうごん)、大棗(たいそう)、人蔘(にんじん)、牡蛎(ぼれい)、竜骨(りゅうこつ)、生姜(しょうきょう)、大黄(だいおう)[3]

ツムラ製品は大黄を除く10種類

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 宮原 桂「漢方服薬指導ハンドブック」(源草社)2013年 |ISBN 978-4-906668-97-9
  2. ^ 伸和製薬|柴胡加竜骨牡蛎湯(一般用医薬品)
  3. ^ 大黄は下痢作用があるため、これを考慮して加えない漢方製剤もある。

参考文献編集

関連項目編集