メインメニューを開く

栄光の道(ひかりのみち)は、2006年ニューヨーク・ヤンキース松井秀喜選手の応援歌として作られた曲。現在同選手の公式応援歌として、2007年度シーズン中、ヤンキー・スタジアムで松井が第3打席に入るときのテーマ曲として流れた。

作詞:響敏也 作曲:宮川彬良

概要編集

オーケストラ・アンサンブル金沢(以下OEK)が石川県出身の同選手を応援するために企画した曲である。提唱者は当時OEKの音楽監督を務めていた岩城宏之(現・永久名誉監督)であったが、2006年6月13日に死去。その遺志を受け同年末までに完成、同年12月31日の「カウントダウン・コンサート」で初演された。なお、当日は松井選手本人も指揮を行った。

歌詞は一般から募集し(岩城は審査員を務める予定だった)、応募総数148点の中から選ばれた新潟県の中学2年生の作品をもとに作られたものである。原作のタイトルは「光の道」だった。

マキシシングル編集

ビクターエンタテインメントから発売された全国発売盤(VICL-36204)と,石川県のCDショップヤマチクから発売された(名義は石川県音楽文化振興事業団)OEKレーベルの県内限定盤(NCS-568)がある。

収録曲

  1. 「栄光の道」原曲
  2. 「栄光の道」カラオケ
  3. 「栄光の道」Stadium Edit
  4. 「栄光の道」Stadium Editのカラオケ
  5. Take Me Out to the Ball Game(私を野球に連れてって)」英語詞
  6. 「Take Me Out to the Ball Game」カラオケ

演奏

※Take Me Out To The Ball Game は鳥木弥生(メゾソプラノ

指揮のモルローは、「カウントダウン・コンサート」の指揮を務めた縁でこの収録に参加することとなった。

なお、OEKレーベル盤では上記の曲以外に、

  • 地元児童合唱団が歌う「栄光の道」
  • 2003年9月のOEK東京公演アンコールで演奏された岩城指揮による「六甲おろし
  • 松井の父である松井昌雄の歌「鼓門で逢いましょう」
  • カウントダウンコンサートでの松井へのインタビュー

が収録されている。

関連記事編集

外部リンク編集