校務員 (ドクター・フーのエピソード)

校務員」(こうむいん、原題: "The Caretaker")は、イギリスSFドラマドクター・フー』の第8シリーズ第6話。ギャレス・ロバーツ英語版スティーヴン・モファットが脚本を執筆し、ポール・マーフィーが監督した。2014年9月27日に BBC One で初放送され、イギリスでの視聴者数は682万人を記録した。批評家からは肯定的なレビューをされた。

校務員
The Caretaker
ドクター・フー(新シリーズ)』のエピソード
Skovox (15955794466).jpg
スコヴォックス・ブリッツァー
話数シーズン8
第6話
監督ポール・マーフィー
脚本ギャレス・ロバーツ英語版
スティーヴン・モファット
制作ニッキー・ウィルソン英語版
音楽マレイ・ゴールド
初放送日イギリスの旗 2014年9月27日
エピソード前次回
← 前回
銀行強盗
次回 →
月を殺せ
ドクター・フーのエピソード一覧

本作では、異星人のタイムトラベラー12代目ドクター(演:ピーター・カパルディ)が、コンパニオンのクララ・オズワルド(演:ジェナ・ルイーズ・コールマン)の勤務するコールヒル高校の校務員として潜入し、世界を危機に陥れるロボットのスコヴォックス・ブリッツァー(演:ジミー・ビー英語版)を止めようとする。また、ドクターはクララの彼氏である元兵士ダニー・ピンク英語版(演:サミュエル・アンダーソン英語版と対立する。

連続性編集

ドクターの偽名ジョン・スミスは The Wheel in Space(1968年)以来長く利用されている[1]。ドクターが言及したリヴァー・ソングは、「ドクターの名前」(2013年)が最後の登場となっていた[1]

製作編集

「校務員」の台本の読み合わせは2014年3月20日に行われ[1]、撮影はカーディフビュート・ストリート英語版ロイド・ジョージ・アベニュー英語版で3月24日に開始された。4月4日にはカーディフ湾英語版の麦芽製造工場とスプロット英語版の旧 St Illtyd's Boys' College で、4月5日にはヴェール・オブ・グラモーガンのバリーのホルトン小学校で、4月8日にはサウスウェールズの Tonyrefail Comprehensive school で撮影された[2]主要撮影は4月11日に完了した。その後、セブ(演:クリス・アディソン英語版)のシーンが6月11日に撮影された[1]

放送と反応編集

放送編集

放送当夜の視聴者数は489万人で、タイムシフト視聴者を加えると682万人に達した[3]。アメリカ合衆国では96万人が視聴した[4]。Appreciation Index は83を記録した[3]

批評家の反応編集

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
The A.V. Club英語版A-[5]
SFX     [6]
TV Fanatic     [7]
CultBox          [8]
IndieWireA-[9]
IGN7.9[10]
ニューヨーク・マガジン     [11]
ラジオ・タイムズ     [12]
デジタル・スパイ英語版     [13]
デイリー・テレグラフ     [14]
デイリー・ミラー     [15]

本作は肯定的にレビューされた。デイリー・ミラー紙のリチャード・ビーチは本作に星4つを与え、「面白くて気楽で、そしてすっかり愉快だ」と評価し、カパルディのコミカルな場面を称賛した[15]デイリー・テレグラフのセリ・ラッドフォードも星4つを与え、カパルディの演技を称賛した[14]。Den of Geekのサイモン・ブリューは本作が「第8シリーズで間違いなく最高だ」と評価した。また、彼は本作のコメディ調の要素を称賛し、ロバーツの話運びの技術も高く評価した。彼はコールマンとアンダーソンを称え、第8シリーズで最も良い演技だったと述べた[16]デジタル・スパイ英語版のモーガン・ジェフェリーは本作に肯定的であり、「面白く、暖かく、そして感動的だ」と評価した。彼はカパルディと彼のドクターに対する解釈を称賛し、「エクルストンのドクター以来最も複雑で変化に富んだタイムロードだ」と述べた。しかし、スコヴォックス・ブリッツァーの脅威には批判の声を挙げた。最終的なエピソードの評価は星4つであった[13]

IGNのマット・リズレイも本作に肯定的であり、第8シリーズにおけるクララのキャラクター性を称賛した。彼は「昼ドラの馬鹿馬鹿しさに滑り落ちることもしばしばあったが、それでも満足な出来だった」と「校務員」を評価した。彼は主演3人の演技を称賛したが、スコヴォックス・ブリッツァーについては「『宇宙家族ジェットソン』のメイドロボットとルンバがおかしくなったようなデザインだ」と批判した。全体として彼は本作に10点満点中7.9点を与え、「『校務員』はダイナミックな台詞で感情的に魅力的だった」と論評した[10]インデペンデント紙のニーラ・デブナスは本作に否定的なレビューをし、「興奮させることができなかった、地球を舞台にした当たり障りのない冒険だ」と評価した。しかし、彼女は女子生徒コートニー・ウッズ役のエリス・ジョージを称賛した[17]

出典編集

  1. ^ a b c d Doctor Who, Series 8, The Caretaker - The Caretaker: Fact File”. Doctor Who. BBC (2014年9月27日). 2014年9月27日閲覧。
  2. ^ Autumn 2014 Series: Series 8”. Doctor Who Spoilers. 2014年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月11日閲覧。
  3. ^ a b Doctor Who Series 8 (2014) UK Ratings Accumulator”. Doctor Who TV. 2020年9月23日閲覧。
  4. ^ Saturday cable ratings: college football wins night attack on Titan hell on wheels, Doctor Who, Outlander, more, オリジナルの2014-10-02時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20141002090329/http://tvbythenumbers.zap2it.com/2014/09/30/saturday-cable-ratings-college-football-wins-night-attack-on-titan-hell-on-wheels-doctor-who-outlander-more/308412/ 
  5. ^ Wilkins, Alasdair (2014年9月27日). “Doctor Who: "The Caretaker"”. The A.V. Club. 2018年11月5日閲覧。
  6. ^ Berriman, Ian (2014年9月27日). “Doctor Who S8.06 - The Caretaker Review”. SFX. 2018年11月5日閲覧。
  7. ^ Pavlica, Carissa (2014年9月27日). “Doctor Who Season 8 Episode 6 Review: The Caretaker”. TV Fanatic. 2018年11月5日閲覧。
  8. ^ Lewis, David (2014年9月27日). “'Doctor Who': 'The Caretaker' review”. CultBox. 2018年11月5日閲覧。
  9. ^ Welsh, Kaite (2014年9月27日). “Review: 'Doctor Who' Season 8 Episode 6, 'The Caretaker,' Pits Officer Against Gentleman”. IndieWire. 2018年11月5日閲覧。
  10. ^ a b Risley, Matt (2014年9月27日). “Doctor Who: "The Caretaker" Review”. IGN. 2014年9月28日閲覧。
  11. ^ Ruediger, Ross (2014年9月28日). “Doctor Who Recap: Come and Knock on Our Door”. Vulture.com. 2018年11月5日閲覧。
  12. ^ Mulkern, Patrick (2014年9月27日). “The Caretaker”. Radio Times. 2018年11月5日閲覧。
  13. ^ a b Jeffery, Morgan (2014年9月27日). “Doctor Who series 8 'The Caretaker' recap: "Funny, warm and moving"”. Digital Spy. 2014年9月28日閲覧。
  14. ^ a b Radford, Ceri (2014年9月27日). “Doctor Who, The Caretaker, review: 'as kitsch as Clara's blouses'”. デイリー・テレグラフ. 2014年9月28日閲覧。
  15. ^ a b Beech, Richard (2014年9月27日). “Doctor Who review: The Caretaker was funny, lighthearted and gave us more of an insight into Danny Pink's significance”. デイリー・ミラー. 2014年9月28日閲覧。
  16. ^ Simon Brew (2014年9月27日). “Doctor Who series 8: The Caretaker review”. Den of Geek. 2020年9月23日閲覧。
  17. ^ Neela Debnath (2014年9月30日). “Doctor Who, The Caretaker - TV review: Bland Earth-based adventure fails to excite”. インデペンデント. 2020年9月23日閲覧。

外部リンク編集