メインメニューを開く
根岸武香

根岸 武香(ねぎし たけか、天保10年5月15日1839年6月25日) - 明治35年(1902年12月3日[1])は、武蔵国大里郡冑山村(現在の熊谷市)出身の政治家郷土史家。 幼名「新吉」、後に「伴七」と改めた。父は根岸友山

目次

略歴編集

剣道を千葉周作、和漢学を寺門静軒安藤野雁に学ぶ。明治12年(1879年)に埼玉県議会開設と共に県会議員に選出されて副議長となり[2]、翌明治13年(1880年)から14年(1881年)まで第2代議長、明治23年(1890年)から25年(1892年)まで第10代議長を務め、明治27年(1894年)には貴族院多額納税者議員に選出された[3]。また埼玉農工銀行等の監査役を務めた。

考古学歴史学にも造詣が深く坪井正五郎らと親交があり、吉見百穴の発掘に参加し保存に努めると共に、これを世間に紹介した。更に埼玉県内の出土品を帝室博物館に委託する事業も行った。また自身の収集した書籍類を「冑山文庫」として帝国図書館に寄贈した。

明治17年(1884年)にはかつて江戸幕府が編纂した新編武蔵風土記稿を出版し、発行人として刊行に務めた。

1902年(明治35年)に東京湯島の別邸で死去、享年64。

脚注編集

参考文献編集

  • 根岸友山・武香顕彰会編 『根岸友山・武香の軌跡:幕末維新から明治へ』 さきたま出版会、2006年。ISBN 4878913762 

関連項目編集