メインメニューを開く

桂 三五郎(かつら さんごろう、1863年 - 1910年11月21日)は、上方噺家。本名: 不詳。渾名(あだな)を「くきや三五郎」という。

桂 三五郎かつら さんごろう
生年月日 1863年
没年月日 1910年11月21日
出身地 日本の旗 日本
師匠 不明
初代桂文團治
2代目桂文三
3代目桂文三
名跡 1. (亭号不明)吾市
2. 桂鯛團治
3. 桂都昇
4. 桂三五郎
5. 桂東方朔
6. 桂三五郎
活動期間 ? - 1910年
活動内容 上方落語
所属 桂派
互楽派

最初の師匠など不明だが吾市という。その後1886年ころ初代桂文團治の門で鯛團治となり、都昇、1890年2代目桂文三の門で三五郎、1893年に東方朔、最後は3代目桂文三の門で三五郎に復名する。

長年桂派に席を置き素噺をしていたが桂派の全盛期で周囲に人気者が多くぱっとしなかった、最後の師匠3代目文三が桂派を離れ京桂派を立ち上げたときは師匠と背を向け人手の少ない互楽派に移籍したが、いくばくもしないうち死去した。

得意ネタには「寄合酒」「四季の茶屋」「膝栗毛」などがあった。


渾名を「くきや」とされたが現在の所理由は不明。

出典編集

  • 『落語系圖』(月亭春松編)
  • 『古今東西噺家紳士録』