桜井安右衛門

桜井 安右衛門(さくらい やすうえもん、1898年明治31年)1月3日 - 1994年平成6年)8月9日[1])は、日本の内務厚生官僚。官選栃木県知事

目次

経歴編集

東京府出身。桜井常次郎の長男として生まれる[2]第一高等学校を卒業。1922年東京帝国大学経済学部を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。農商務省を経て内務省に入省し社会局属となり労働行政畑を歴任[2][3]

1938年厚生省大臣官房文書課長となる。1942年1月、栃木県知事に就任。戦時下の対応に尽力。1943年7月、初代東京都民政局長に転じた[1][2]1945年に退官し、その後、公職追放となった[3]

戦後は、健康保険組合理事長、ILO東京支局長、中央労働協会長、東京ヘレン・ケラー協会理事長などを務めた[2]

著作編集

  • 『ILOの理解』〈現代文化シリーズ;第4〉文教書院、1962年。
  • 編『同胞援護会会史』恩賜財団同胞援護会、1960年。
  • 訳『結社の自由』〈労働者教育講座第三号〉国際労働事務局(ILO)東京支局、1959年。
  • 訳『賃金入門』〈労働者教育講座第6号〉ILO東京支局、1964年。

脚注編集

  1. ^ a b 『現代物故者事典 1994-1996』257頁。
  2. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』275頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』236頁。

参考文献編集