メインメニューを開く

桜田 元親(さくらだ もとちか)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将伊達氏の家臣。

 
桜田元親
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 不明
死没 寛永9年(1632年[1]
別名 玄蕃・右兵衛
主君 伊達政宗秀宗
陸奥仙台藩士→伊予宇和島藩侍大将
氏族 桜田氏
父母 父:桜田資親

目次

生涯編集

伊達政宗の時代編集

桜田資親の子として誕生。天正17年(1589年)、伊達政宗に従って摺上原の戦いで戦う。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは政宗の命により刈田郡白石城攻めに参加して武功を挙げた。慶長7年(1602年)、仙台城の築城に伴って賦役している百姓らが暴動を起こしたが、鬼庭綱元と共に鎮圧した。

元和元年(1615年)、政宗の命を受けてその庶長子である伊達秀宗の家臣となり、伊予国宇和島藩の藩政を担った[2]。この時の地位は侍大将で禄高は1900石であった[2]

山家清兵衛との対立編集

宇和島藩は秀宗入部まで頻繁に藩主が代わったために荒れており、藩政は前途多難だった[3]。そのため政宗の仙台藩から黄金3万両(6万両説あり)を借用していたが、この返済問題が起こり、惣奉行山家公頼は宇和島藩10万石から3万石を割いて政宗への返済に充てたが[3]、このため家臣の多くが減俸を余儀なくされて反対派が桜田を中心にして山家と対立した[4]。もともと山家は山形藩最上氏の家臣で、伊達家譜代の桜田とは折り合いも悪かった[5]

元和6年(1620年)1月、幕府から大坂城石垣修築を命じられた秀宗は山家と桜田を奉行として派遣する[6]。しかし工事の進捗状況に関しての秀宗に対する報告で桜田は秀宗に山家が不正をしていると讒言し、疑われた山家は秀宗に弁明して帰国し謹慎した(実際は山家が正当であり、面目を失った桜田が逆恨みしたとされる)[5]。そして同年6月29日、山家清兵衛一族は桜田一派により襲撃されて殺害された[5]。この殺害事件に関しては秀宗から「山家の事は沙汰の限り」と書状にあり、秀宗の命令で桜田と一派が動いたと見られている[7]。通常、私怨による暗殺ならば桜田家も断絶は免れないはずだが、桜田家は無事に安泰で存続し、江戸時代末期まで家老として存続しているからである[5]。また、桜田は事件当時に大坂に滞在していたため、少なくとも直接手を下したとは思えない[5]

変死編集

寛永9年(1632年)、金剛山正眼院で営まれた桂林院殿(秀宗の正室の亀)の三回忌法要の際、大風で落ちてきた本堂の梁の下敷きとなり圧死した[1]

その後も山家殺害事件の関係者らが次々と変死を遂げたために山家の祟りと言われた[1]

子孫の桜田親義は外交官となり、1877(明治10)年からローマ公使館に駐在し、1881(明治14)年からはオランダ臨時代理公使としてハーグに駐在したが、1885(明治18)年、現地の愛人であったジーン・ロレットにより別れ話のもつれから射殺された[8]

脚注編集

注釈編集

引用元編集

  1. ^ a b c 宇神『シリーズ藩物語、宇和島藩』、P62
  2. ^ a b 宇神『シリーズ藩物語、宇和島藩』、P51
  3. ^ a b 宇神『シリーズ藩物語、宇和島藩』、P54
  4. ^ 宇神『シリーズ藩物語、宇和島藩』、P55
  5. ^ a b c d e 宇神『シリーズ藩物語、宇和島藩』、P59
  6. ^ 宇神『シリーズ藩物語、宇和島藩』、P58
  7. ^ 宇神『シリーズ藩物語、宇和島藩』、P61
  8. ^ 『朝日新聞の記事にみる恋愛と結婚』朝日新聞社、1997, p67-70

参考文献編集